お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

寒冷地仕様の標準装備。

f0054783_216319.jpg

ここのところ、体調が安定しているボギーです。

大雪が降った後、雪の冷たい感触を楽しみながら嬉しそうに(写真は不機嫌そうに映っていますが(苦))散歩していました。

町内の方々が、通りやすいようにと雪かきをして道を作ってくれたのに、わざわざ雪だまりの中ヨレヨレツルツルの路面を踏ん張りながら歩いている様子は、まだまだ気分だけは若造のままです(笑)

散歩から帰って、汚れを拭き取るために足の裏を見ると・・・伸びっぱなしになっている被毛が掌球の間からたくさん出ていて、それが雪道での滑りを止めることや寒さを和らげることに一役かっていることがわかります。

流石、寒冷地仕様の犬(笑)。


追記:伸びっぱなしの掌球の間から出ている被毛についてですが、若い頃は歩く際の手足の蹴りがダイナミックだったためか、散歩中に自然に擦れるせいで伸びることがなく目立たなかったのですが、加齢により手足の蹴りがゆるくなったことや寝ている時間が多くなったため擦り切れることが少なくなったようです。

それと、室内のボギーが歩き回る範囲には滑り止めのゴム製のマットを敷いてあるので、掌球の間から被毛が伸びていようといまいと関係なく滑らないようになっているので、自然に任せてカットしないでいます。

フローリングの床や、滑りに対して対策をとっていない環境にいる犬の場合は、被毛はカットした方が得策だと思います。
[PR]
by r100rbeemer | 2014-02-16 21:06 | 犬の話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P