人気ブログランキング |

お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

ハンドペイントTシャツのこと その3

いつも使っているオーガニックコットンのTシャツを碾茶色に染めて、前面に大きくアジリティコースを描いてみました。
f0054783_15372571.jpg

AG1なので、初級者向けのコースなのでしょうが、実際走ってみると・・・見るとやるとじゃ大違い!なのでしょうね。

碾茶色(抹茶ミルクのような色です)に染めたのは、なんとなく芝生のイメージを醸したかったからなのですが、どうかな?

f0054783_1537386.jpg

こちらは、後面の裾です。

「私たちの”クリーン・ラン”を祈ってください」

f0054783_15375976.jpg


こちらは、後面の首のところです。ハードルを描いてみました。

袖にもちょろっとイラストを入れようか思案中・・・あとタグも縫い付けます。


もうすっかり秋の気配です・・・朝晩は長袖が欲しくなるような気温ですね。Tシャツの季節よサヨウナラ!な感じですが、今朝はマーシーと公園でディスクのトレーニングをしていたら、気が付かないうちに汗だらだら・・・Tシャツが搾れるほど汗をかきました。

公園を通り過ぎる方の中に、ドッグスポーツをやっていらっしゃる風の方がいて、私とマーシーの様子をしばらく見ていらしたようです。

聴覚障害があり私の声が聞こえないマーシーなので、私たちの練習はハンドサインのみ(たまに私の溜息あり(笑)、終始無言&無音なのですが・・・ご存じない方が見ればかなり不思議な光景なのだと思います。

本来は、声が聞こえないからと言っても声を出して感情も交えて指示をした方が良いのかもしれませんが、犬(動物全般)とのコミュニケーションに関して思うところがあり、声、感情を抜きにしたコンタクトがどれだけ通用するのか(私がどれだけ使いこなせるのか)、試行錯誤しながら勉強の真っ最中です。

マーシーは、聴覚障害があることも手伝ってか、とにかくほんの小さなきっかけでも興奮しやすくそれがあるレベルに達すると激高になり、脳ミソがかなり個性的な作りになっている(笑)ように感じることがあります。

「興奮は、百害あって一利なし」

友人宅の保護犬だった過去をもつ愛犬の話なのですが、先日会った際「推定4歳になった今でも興奮して取り乱しているのを一度も見たことがない」とこぼしていました。

友人に言わせれば、「犬らしくない」のだそうですが・・・たしかに、悟りつくした仙人のような犬なのです。

この犬の話になるたびに「なんで飼育放棄されたんだろうね???」とみんな口をそろえて言うのです。

その友人が言うところ、マーシーは犬らしく元気があって大変よろしい!だそうです。
f0054783_1627195.jpg

褒めてくれる人がいてヨカッタね、マーシー!(笑)
by r100rbeemer | 2013-09-24 15:38 | ハンドペイントTシャツ

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P