お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

和菓子の詰め合わせ。

f0054783_18192369.jpg

めずらしく呉越同舟です(笑)。

豆大福2個パックですが、ごく稀に茶饅頭のおまけがつくことも・・・3頭で一緒に寝ていてくれると、呼び集める時楽だし、いろんなところをまたいで歩かなくても良いので助かるんですけどね(笑)

最近では、加齢のため丸くなって眠ることができなくなったボギーなので、茶饅頭はもうほとんど見ることができなくなりました。

お腹を下に向けて「伏せ」の状態で寝ているので、茶饅頭じゃなくてスウィートポテトっぽいです(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-29 18:19 | 犬の話

時は金なり。

f0054783_2133210.jpg

多分、生まれてから2度目の経験だと思います・・・ガソリンスタンドの自動洗車機でクルマを洗ったこと。

出掛けに、クルマ全体に塩水(KT氏の通勤経路が海岸線なので)をかぶったような跡があったのでKT氏に言うと「じゃ、洗車機で」と言うことになったのです。

昔は(洗車機がこの世にデヴューした当初)「クルマの中に人が入ったまま洗車してないでください」みたいなお触書があったと記憶しています。

私の中では、クルマを洗う・・・という行為に至るまでは、まず「洗うのだ!何が何でも洗うのだ!」という決意表明が必要で、それから「いつ洗うのか?」という日取り、天気予報の確認、必要な道具(カーシャンプー、ワックス、タオル数本、スポンジ、バケツ、ゴム長靴、ゴム手袋、ホース、レインスーツ、脚立etc.)の用意など段取りをします。

当日のスケジュール管理も大事です。「午前中にだいたいこの辺まで終わらせて、お昼ご飯を食べ終わって一息入れてから、次はこっちの作業」みたいに大体のタイムスケジュールをイメージします。

そうそう、忘れちゃいけない一番重要なことは「今日は私は1日かけてクルマを洗うんだから、家事とかいろんな手伝いとか一切できないんだからね、話しかけないでよね、邪魔しないでよね」みたいな、言葉では言い表さないまでの並々ならぬ熱い思いを醸す雰囲気づくりですね。

でも、私のつたない経験の中では、ほとんどイメージしたタイムスケジュール通り行ったためしがないんです。

大抵、念入りに天気予報を確認したにもかかわらず、どういう訳だか洗車中にぽつぽつと雨が降ることになっているので(笑)




コースを決めてピピピっとボタンを押し、¥600を入れて10分も待たずにピカピカになりました。

この機械、フェンダーミラーのクルマも洗えるのかな?

私が欲しいと思っているクルマはフェンダーミラー(多分)なので、いつかまた行ったらしっかり注意書きを読んでみようと思います。
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-25 21:03 | 日常よもやま話

取説地獄からの脱却。

長年愛用した洗濯機がついに壊れ、買い換えました。

年末、なんとなく動きが怪しくなってきたことには気がついていたのですが、なんとかだましだまし使っていたのもつかの間・・・でした。

KT氏によると、15年前に買ったとのことなのですが、私のテキトーな使い方にも文句ひとつ言わず、15年間よく働いてくれたと思います。

買い換えるにあたり、一番憂鬱なのが・・・新しい機種の取り扱い説明書を読まなければならないことです。

本の角に頭をぶつけて死にたい!と思えるくらい本好きの活字中毒なのですが、どういうわけだか取り扱い説明書、特に電化製品の取り扱い説明書は吐き気がするほど苦手です。

そんな私に友人が、

「こういうものは、子供からお年寄りまでどんな人にでもわかるように万人向けに書いてあるのだから、あなたも多分万人の中の一人に必ず入っているから自信もって!ひるまず!臆さず!結論を急がず!わからなくなったらわからなくなるちょっと手前まで勇気をもって戻って!落ち着いて読んでみ!」

と、アドバイスをくれたのですが・・・なるほど、友人の叱咤激励のおかげで吐き気をもよおすことなく、今のところすんなり読むことができています。

それにしても・・・「こんな機能つけなくてもいいからもっと低価格にならないのかな~」と思う機能もかなりついていて、しっかり読んだら読んだで不平不満が渦を巻きます。


学生の頃から気に入って履いていた老舗メーカーのスニーカーが数年前に絶版になり、入手できなくなりがっかりしていたのですが、最近再版されたニュースを聞きすごくうれしいです。

大人買いしちゃう人もいるんだろうな~。
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-20 14:18 | 日常よもやま話

いつなんどき。

1月2日深夜、ボギーが体調を崩しました。

新年あけて2日目、病院もお正月休み・・・それも深夜で来客もありという身軽に動けない状況ということもあり、とりあえず朝まで様子を見てその後の展開を想定し検討。

幸いにも、3日の早朝から自力で立ち排泄もできたので一安心。

流石にこの年齢になると、いつ何時どんなことが起こっても不思議ではないとあらためて思いました。

もちろん、14歳と言う年齢ですから心の準備というか覚悟みたいなものはできていますが、体調が悪そうに見えれば不快感は取ってあげたいし、痛みがあるならば和らげてあげたいと思うのは当たり前のことですもんね。

f0054783_6385879.jpg


ボギーが愛用している介護用のマナーベルトのパッケージです。

LLサイズはダルメシアンのデザインです。

私的には、もう少し顔にスポットが沢山ある方が好みかも(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-08 06:38 | 犬の話

妄想逃避行。

年末年始の来客を見送るため、羽田空港に来ました。
f0054783_12355041.jpg



このまま私も機上の人になり、どこかへ行ってしまいたい(笑)

これからききっと気を引き締めて、年賀状を作ります!(慌)
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-06 12:35 | 日常よもやま話

備えあれば。

昨日早朝、近隣で火災がありたくさんの数の消防車や救助工作車、救急車が駆けつけ町内は騒然となっていました。

鎮火したあと、少し落ち着いてからマーシーの散歩に出ましたが、町内の道路という道路は水浸しで消火用のホースが散乱し、ところどころの消火栓の蓋がまだ開いたままになっていました。

こういう時に実感するのは、普段何もない時にしっかりと公共の緊急用の設備を定期的に点検していただいているので、不足の事態が起きても不備がないようで本当にありがたいな~と思います。


散乱したホースや機材を避けながらマーシーと歩いていると、ひときは小柄な消防官に気がついたのですが、女性の消防官でした。

話には聞いたことがあったのですが・・・ハリウッド映画に出てくるようなマッチョな二の腕でホース担いで火の中に飛び込んじゃうような豪快姉さんチックな女性を勝手にイメージしていたのですが、こんな華奢な体格でこの方も厳しい訓練を受けてこられたのかな~と思ったら、本当に余計なお世話なのですが、感慨もひとしおでした。

私なんか、こんなに体格に恵まれているのに日がな部屋で背中丸めて絵なんか描いていていいのか???と思ったり(自爆)

少し前に、フェアトレードの商品で不要になった消防用のポンプを利活用してサンダルやカバンを作っている工房を見つけて興味をもったのですが、こうやってホースをまじまじみる機会もめったにないのでとても参考になりました。
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-02 11:07 | 日常よもやま話

正月気分。

2014年がスタートしました。

年明け一番最初の朝は、消防車のサイレンの音で目が覚めました。

まだ日の出前でしたが、家の周りが騒々しいので異変に気が付き寝室のドアを開けると、廊下のガラス戸には真っ赤に燃え盛る炎が映っていて、近隣で火災が発生していました。

幸いにも、周辺に燃え広がることなくけが人もなく鎮火したようですが、新年最初から心臓がバクバク、腋の下に嫌な感じの汗がだらだらと流れるような出来事がありました。


我家には珍しく、年末年始に来客があり、おもてなしのためにコタツを用意しケーブルテレビに加入してテレビが観られる環境を整えました(我家にはテレビを見る習慣がないので、DVDを観るための大画面テレビはあるのですが契約していないのです)。

何年かぶりにコタツに入り、ミカンを食べながら天皇杯を観て贔屓クラブの優勝の瞬間を目にすることができました。

これぞ日本の正しいお正月(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2014-01-01 21:11 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P