お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水面下では。



「White Knuckles」のメイキング映像ですが、10分があっという間に過ぎてしまうほど見入ってしまいます。
(この映像の他にも、メンバーのインタビューとか、トレーニング風景を撮影した映像が沢山公開されていますね~)

ボーダー・コリー風(エンディングで一番前のセンター(AKB風)にいる犬)はNGの常習犯みたいですね。多分、人間でいうところのおっちょこちょいさんな感じのキャラかな?(笑)

OK GOのメンバーのヘアスタイルに疲労度が出ていますよね、これを見るたびに「犬との共同作業は1日にしてならず」という事をあらためて感じます。

繰り返し、根気よく・・・自戒の念を込めて。
[PR]
by r100rbeemer | 2012-02-19 10:00 | 犬の話

一服の清涼剤。



ちょっと前の作品ですが、マーシーとの社会化トレーニングで煮詰まった時に観てます。

始まって30秒すぎのところで、右側のマリノア?ジャーマン・シェパード?のような犬が手を乗せているプラスティックの容器が一瞬グラッとなるのでヒヤッとします(笑)

演じている犬達はみんなASPCAからの保護犬だそうです。このPVのNG集もありますよね。

みんな真剣な表情で演じてますよね・・・私は楽しそうな犬の表情より、真剣で集中している犬の表情の方が好きです。

★こちらに貼り付けた画像だと画面の右上と右端が少し切れてしまうので残念!本物の画像を是非、you tubeのサイトでご覧になってくださいネ!
[PR]
by r100rbeemer | 2012-02-16 14:40 | 犬の話

丘の上で逢いましょう。

2月11日(土)、神奈川訓練士会主催の訓練&アジリティ競技会が横須賀市長井にあるソレイユの丘で開催されたので観戦してきました。

当日は、強風&寒風吹きすさぶ中、とにかく寒かった(大泣)

会場に到着し、いそいそと車外に出る準備をしていたら、外作業の時の防寒対策にいつも使っているレインパンツを忘れてしまったことに気がついて泣きそうになりました(自爆)。

仕方なく小型の使い捨てカイロを身体中に貼り付け、自分をごまかしながら車外に出たもののあまりの寒さに記憶が遠のいて行きそうになり、あわてて奥歯を噛みしめました。

そんな中、滲み出る涙と鼻水を拭いながら会場を徘徊していると、今回誘っていただいたダリーママさんを発見!

挨拶もそこそこに再び会場をちょろちょろしていると、さすが地元開催だけあって犬繋がりの知り合いに会うは会うは・・・10歩あるけば知っている人に声をかけられるという状況で、思わぬところで商談成立?みたいなハプニングもあり(笑)

ここのところ、仕事やボランティア、その他諸々のことで頭も身体もいっぱいいっぱいで、私らしいアイデアが枯渇しているような感じになっていたので、今日はリセットのつもりで朝から夕方まで観戦しようと心に決めていました。そのせいか、お腹いっぱいになるまで犬三昧な1日を過すことが出来ました。

f0054783_1692893.jpg

生まれた瞬間から(!!)アスリート犬としての英才教育を受けているダルメシアン、エナジー&ダリーママさんチーム。


f0054783_1695069.jpg

隣のサイトで行われていた防衛の競技中のジャーマン・シェパード。私はこのカテゴリーの競技を平常心で見れないのです(恥)なんだか、訓練士さんと犬がどれだけの情熱を傾けて日々を過しているのかと勝手に想像しちゃうと涙が止まらなくなるのです(赤恥)

競技の実施要項を見ると、ミックスブリード犬もOKと書いてあるので血統書のないマーシーも参加可能ってことだね~、聴覚障害も関係ないし。

でも「咬み癖のある犬は出場できません」ともある・・・犬や人を咬んだことはないから(不用意な接触を管理しているので)「咬み癖」はないにせよ、場外乱闘の可能性は限りなくあるマーシーなので、今のところはムリか(苦)

でも、今までトレーナーさんの力を借りて地道に訓練を重ねてきて、5歳になった今本当に少しづつではあるにせよ、興奮からパニックになった後も落ち着き平常心を取り戻すまでの時間が短くなってきてはいるので、このままあきらめずにトレーニングを続けて行けば参戦できるかもしれないね、なんだかすごい低レベルな話ではあるけれど(笑)

「12歳の誕生日までにアトラクションの部にエントリー!!」をこれからの私とマーシーの目標にします(宣言・笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2012-02-14 16:03 | 犬の話

キレないで!

今朝はこの冬一番の寒さだったらしいです。

でも、FMで天気予報を聴いていると毎朝「この冬一番の冷え込みが予想され・・・」って言ってますよね。
f0054783_1835225.jpg


まぁ、そんなことはどうでもいいとして・・・こう寒い日が続くと、心配なのがマーシーの耳。

マーシーの耳は、生後推定6ヶ月の時に保護団体さんによって保健所から保護され我家にやって来た時から、犬に咬まれた時に出来たものであろう欠損が両耳にあり、その部分の皮膚が弱くなっています。

そのため、寒い季節に激しくぶつけたり血行不良が起こると皮膚が切れ血が吹き出てしまいます。耳の先端は切れた箇所の皮膚がつきにくく、安静にしていてカサブタになりかけても激しく振ったりぶつけたりするとすぐに出血してしまいます(かさぶたも吹っ飛びます(笑))

ご自分と一緒に暮らしている犬が耳が切れた経験がある方なら分かると思うのですが、その血の吹き出方と言ったら・・・首をバタバタと振れば、白い壁にホラー映画さながらの血のりがベッタリとくっつきます。治療中に私の顔面に血のりが付き、メガネも血だらけ・・・その時訪問者があったら、なんて言って説明したらいいのやら(笑)

5年前の12月、マーシーが我家にやって来た時、犬と暮らしてから初めてその恐怖の体験をしその時のことが頭から離れないのです。

マーシーの耳は、肉厚で柔らかく毛もフワフワと生えていますが欠損があるためそこから出血してしまうのです。

片やパティは、細長い耳で全体的に肉が薄くペラペラな感じ、毛も短く薄く特に先端をぶつけたら大出血しそうなのですが、9才になって一度も耳が切れ出血した経験はありません。
f0054783_1862644.jpg

色々と調べたのですが、体調や身体の栄養状態も関係あるみたいですね。

兎にも角にも、今シーズン1年のうちで1番寒い2月をなんとか出血しないように乗り切らないと・・・。
[PR]
by r100rbeemer | 2012-02-03 18:03 | 犬の話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P