お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アメリカで古い歴史を持つ、

WESTMINSTER KENNEL CLUBの2009年のドッグショーの様子がこちらで見ることができます。

NON SPORTINGクラスのダルメシアンの審査の様子はこちらで・・・

審査が終わって、結果発表を聞くために審査員の元に一斉に集まるシーンを見て、一瞬
「お、大丈夫かっ!?」って余計な心配をしてしまうのは私だけか!?(爆)

さすがに、ショーに出るような優れた性格の犬は、公の場所でケンカなんかしないのだ(当然)

私が「このダル、いい感じ!?」と思った犬が何れかの賞を受賞したらしく「私の目もなかなかじゃん!」と自画自賛している。



{追記}

フリーマガジンの「WOOF WOOF」に翻訳家の小野千穂さんのエッセイがこちらに載ってます。

ドイツのダルメシアンのブリーダーさんのことが書いてありますが、記事を拡大できるのでPCからでも読むことができます。興味のある方は是非!
[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-27 10:47 | 日常よもやま話

みんな知ってますから。

我家のタダメシ喰らいズは、随分前からLUPINEというメーカーの首輪にお世話になっている。

理由は、値段がお手ごろで丈夫で長持ち、そしてデザインも気に入っているから。

丈夫で長持ちなんだけれど、マーシーは散歩中パニックになって引きが急に強くなるので消耗が著しく激しいためボギーとパティよりも交換のサイクルが早い。

メーカーのHPを見ると、ダルが2頭ポーズをとっている写真がある。よく見るとレバー?さらによく見ると2頭ともマユ毛(爆)

本国では、使っている最中破損した場合交換してくれるらしいけど、日本ではどうなんだろう?

マーシーは前に一度だけ、新品の皮製のハーフチョークの首輪をナニが原因でそうなったのか分からないけど急にパニックになって暴れて引きちぎった事がある。

幸い、家の門を出てからすぐのことで、それも近くに車が走ってなかったので事なきを得た。
(50mくらい爆走して、我に返って振り向いたら誰もいなかったので怖くなって走って私の元に戻ってきた)

そのアクシデントがあって、とにかく犬具の強度には人一倍気を使っているつもりで、この経験から私は皮の製品を信用していない・・・皮の製品の問題じゃなくて、マーシーのパニックっぷりがすごいって理由もあるけど(自爆)


話変わって・・・

昼過ぎ、仕事に出かける前に小1時間、3頭引きで散歩に出かける。

たま~に会う大型犬と暮らしてらっしゃる方に話しかけられた。

「大変そうね~」・・・・・・やっぱりそう来たかっ!(爆)

話を要約すると・・・山の裏手に誰も来ない空き地があり、みんなで犬を放して走らせて遊ばせているから、あなたも来て犬達を遊ばせたらいいんじゃないのか?・・・ということらしい。


嫌です(爆)


「誰も来ない空き地」は、あなた達が犬を放してるのをみんな知っているので、行けなくなったから「来ない」だけで・・・東京湾の最深部から入り口まできれいに見渡せる風通しの良い小高い丘に「誰も来ない」ワケがないのですよ(苦)

ま、何がどうあってもマーシーを自宅の敷地とドッグラン以外でリードを外す事はないにせよ、ダルメシアンは目立つので、何か悪行を行った際には、一番最初に槍玉に挙げられそうな気がするし(笑)

散歩を終えて、いそいそと支度をし仕事に出かけようと駐車場に急ぐと、これまたいつも散歩中に会う方と目が合った。

軽く挨拶すると、その方は不思議そうな顔で私を凝視して・・・「あ、どうもこんにちは!」と思い出したように挨拶された。

犬を連れてなかったから、私が誰なんだか分からなかったそうで・・・こんな私でも、犬なしでひとりで歩いていたら誰なんだかわからないらしいのだ(意味深)
[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-26 10:51 | 日常よもやま話
本日も、先週に引き続きSHONAN BEACH FMのSHONAN PMという番組で「ダルメシアンの魅力」について熱く熱く語る私の甲高い声がお茶の間に放送された。

早速聴いてくれた友人知人からメールにてダメ出しの雨あられ(笑)

収録前に大盛り上がりで沢山しゃべりまくったせいで、本番の収録中段々飽きてきてDJの久保田さんにタメ口&友達口調になってることに途中気がついて敬語に切り替えつつも時すでに遅し・・・なんだかただのバカ飼い主のウンチク自慢みたいになってしまった(大汗)

番組の都合上、ダルメシアンの魅力について語ってみたものの・・・冷静に考えると、ダルメシアンの魅力なんて考えたことなかったぞ(爆)

一緒に暮らしている人はなんとなく薄々気がついているんじゃないかと思うけど、ダルメシアンと暮らしている人って、みんな共通な独特の雰囲気があるような気がする。

ここに文章にするとちょっとクレーム対応(笑)が大変そうなので書かないけど、もちろん私を含めてなんだか同じニオイがするんだよね~(笑)

前に、犬仲間の友人に

「もし、ダルメシアンが真っ黒だったら・・・ダルに惹かれる?」

なんてわけのワカラン質問をされたことがある。

その時、どう返事をしたのか忘れちゃったけど・・・あ、確か「そんなダルはいないから、目の前に現れてみないと分からない」とか、つまらない返事をしたんだっけ・・・

今だったら、

「真っ黒だったら黒ラブを選ぶ!」と答えるかもしれないかな(爆)
[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-25 19:54 | 日常よもやま話

もしや初夢?!

年明け・・・

犬たちの散歩を終え、冷え切った足の裏を温めようとファンヒーターの排気口の前に足を投げ出し座椅子にすわっていたら、いつの間にかうつらうつらしたらしい。



砂漠の真ん中に、なぜだか私ひとりがジーンズのポケットに手を突っ込んで立っている。

風が全くなく、空気がいい感じで乾いていてとにかく心地がいい。

遙か地平線の向こうから、なんだかわからないけど無数の小さな物体がうごめきながら砂ぼこりを巻き上げて私の方に向って進んでくる。

「なんだろう?」とメガネを外し目を細めてみるものの、その小さな物体の一団がなんだかわからない。

段々近づいて来るにつれて、色や形がぼんやりと見えてきた・・・

身長25㎝くらい、水色の全身タイツ?のようなものを身にまとった人型の生き物・・・頭でっかちで大きめのアーモンド型の少し釣りあがった目は緑色。その上になぜだかマユ毛のようなモノがある。

腰に仮面ライダーベルトのような物を巻いていて緑色のブーツを履いている。

その小さな生物が、何千何万と大挙して私に向って進んで来る。

そして、私のすぐ近くまでやって来て私の靴のつま先の手前でピタッと止まった。


見詰め合う私とその生き物達・・・

私が「あなた達は誰ですか?」と聞くと、

間髪いれずに「妖精だっ!」と返事が返って来た。

「妖精???」素っ頓狂な返事だったのと、そのしゃべり口調があまりにもキッパリしていたので口にたまっていた唾液をブッと吹いてしまった。

妖精って???・・・妖精って大きな羽が背中にあって、レースのワンピースを着た青い目の金髪のカーリーヘアーの女の子じゃないの?

こんなミニチュア宇宙人みたな妖精って???(汗)

でも、本人達が何のためらいもなくそうだって言うのなら仕方ない・・・

「それで、何しに来たんですか?」とまた問うてみると、

「お前を助けに来たっ!」とこれまたキッパリ言い切る。

え!?っと思うか思わないかのうちに、その中のリーダーらしき存在が「それっ!」と掛け声をかけると、一斉に頭でっかちの全身タイツの”自称妖精”たちが勢いよくジャンプして、私の口の中に次から次へと飛び込んでいく。

何千何万の”自称妖精”の最後尾が無事私の口の中に納まると、なんだか喉にイガイガっぽい感触があり生つばをゴクンと飲み込んだ。

夕暮れの誰もいない砂漠に静寂が戻り、乾いた一陣の風が一瞬砂ぼこりを巻き上げた。



ふっと目が覚めると、ファンヒーターの排気口から熱い風が吹き付けてきて喉がからからに渇いてイガイガになっていた。

私を助けに来てくれた”自称妖精”たちのおかげか?ここのところ”プチラッキー”が続いている気がする。

それと、その出来事以来なんとなく幸せな気分でいられる時間が多いし、いまでもその光景を思い出すとおかしくてひとり歩きながらでも吹出してしまう。

”自称妖精”達が大挙して押し寄せてくる光景を、Tシャツのデザインにしようかなと企んでいる。
[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-23 11:36 | 日常よもやま話

本末転倒、その他諸々。

今日は気温が上がるということで、年末できなかったタダメシ喰らいズを3頭まとめてシャンプーした。

友人からもらった高級なシャンプーのおかげか、
パティとマーシーはまっ白に、ボギーはピカピカと黄金色に光っている。

手触りも格別で、こんなにキレイになるんだったらこまめにやらないとな~とシャンプーするたびに思うんだけど(苦)

今年の目標は「執着を手放す」なので、目に見えるもの見えないものに限らずできる限り身軽になろうと心に決め、身のまわりの物を去年の後半から少しづつ片付けはじめている。

その最たるは本で、私は常々「本の角に頭をぶつけて死ねたら本望」と豪語するほど本に執着がある。

一度読んでも何度も何度も読み返すので絶対に捨てない。そのせいで本がたまる一方で、もはや家の床が抜けるのではないかと危機感さえある。

そんなこんなで本を処分する事を決め片付け始めたのだけれど・・・本棚から取り出してみると、大事にしていただけあって自分で言うのも変だけどコンディションがすばらしい!

これを廃品回収に出すのもいかがなものか?と思案すると、近所に本を買い取ってくれるお店ができた事を思い出した。

さっそく車に詰め込んで、お店に着いて買い取ってもらえるよう申し込みをする。

アルバイトの店員さんの対応がすばらしく感心していると、すぐに自分の名前が呼ばれ持ち込んだ本の買取金額を告げられた。

思ったよりはるかに高額で、喜んで金額を受け取った・・・想定外のお金を得て思わず気分も高揚する。

さて、このお金で何を買おう!?

やっぱり、本だよな~(笑)


新年、新たな一歩を踏み出そうと買ったちょっと派手めのニューバランス・・・降ろしたてですぐに散歩に行ったら、10分も経たないうちに草むらでウンPを踏んだ(笑)
f0054783_1041937.jpg


年明けから正拳突きでフェンスやポストを壊しまくっているマーシー。
f0054783_1044871.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-20 10:05 | 日常よもやま話

そろそろ再始動!?

遅ればせながら、

2010年あけましておめでとうございます!

本年もB&P Craftならびにタダメシ喰らいズをよろしくお願いいたします。

突然ですが、SHONAN BEACH FMという地元放送局の「SHONAN P.M」という番組で本日の正午(実際は13:00頃)私の甲高い声が放送される予定です。

語ってるテーマは「ダルメシアンの魅力」について。

DJの久保田悦子さんとは犬つながりで親しくして頂いているのですが、収録当日、現場にお邪魔するなり犬ネタで2時間ほどしゃべりっぱなし・・・

「あ、そろそろ収録しようか!?忘れてたよね(爆)」なんて感じで収録開始・・・あれよあれよと言ってる間にしゃべりっぱなしの30分・・・そのあとも延々と犬談義の乱れうち!(自爆)

「え!?そのネタって収録の中でしゃべってくれないとダメじゃん!」とか、大事なことは後回しにする私の悪いクセが出っ放しのインタビューでした。

うわさによると、異例の2週にまたがった内容になるとか!?ま、それは本日放送を聞いてみないとわかんないですが・・・

「ダルメシアンの魅力」って聞かれても、実際にそんな内容お構いなしでワシワシと言いたい放題だったような???所々たまに「ピー」が入ってるかもしれませんが(苦)、その辺も聞いてみないことには何とも言えないところです。

リクエストもお願いしたので、流してもらえると嬉しい事この上なし。

PCからも聞けますので、お時間がある方はぜひどうぞ!

さてさてどうなる事やら・・・(汗)
[PR]
by r100rbeemer | 2010-01-18 11:03 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P