お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

8 DH HIDEKI MATSUI 

あー

やっとやっと、好き勝手な時間にタダメシ喰らいズと散歩に歩ける季節に突入~

暑い季節は、歩ける時間帯が限られているから、3頭引きでラッシュの時間帯に歩かなければならないのは辛い。

あっちから犬が来たからあの駐車場に避けて・・・このフェンス越しに犬がいるからあっちから来た犬をやり過ごして、こっち側に渡って・・・とか、いちいち面倒なのが嫌なのだ。

引っ張られて転んだら怪我するからって、転ぶ前にリードを放しちゃうお爺さんとかもいて・・・そんな場面に行き会ってしまったらさぁ大変!!!

とにかくのんびり歩きたい・・・やっとその季節が来て嬉しいよ。



アメリカメジャーリーグのヤンキースタジアムが本日をもって閉鎖、長い歴史にピリオドを打った。

この記念すべき日に、松井秀喜選手が8番指名打者で出場、第一打席でヒットを放った。

今シーズンは、ヒザの故障があり故障者リストに入る期間が多く守備機会も少なかった。

TVでヤンキースのゲームを観戦しようにも松井選手がいないと思うと面白さも集中して見ようと思う気持ちも半減・・・ケガとチーム事情で、守備機会も少なかったのが非常に残念だ。

プレイオフ進出が絶望的になり、来期を見据えて日本時間の23日、ヒザの手術をすることが決まったのだそうだ。

とにかく早く、一日でも早く手術をして来期のキャンプインまでに間に合って欲しいと願っていたので、この決断はファンにとっては嬉しいニュースだ。

万全のコンディションで来シーズン、新しくなったヤンキースタジアムの開幕戦で電光掲示板にHIDEKI MATSUIの名前が映し出される事を心から祈る。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-22 17:34 | 日常よもやま話

学び。

問題のある犬の公開個別カウンセリングの聴講を希望し申し込んだ。

カウンセラーは、動物の問題行動のスペシャリストのケン・マッコート氏

以前、このカウンセリングを受けた経験がある犬仲間の友人からの薦めもあり、近隣で公開カウンセリングが開催されるのを心待ちにしていた。

タイトルに「問題のある犬」とあるけれど、私の中では犬の問題行動というのは

犬と人間が一緒に暮らす上での、人間が感じる都合の悪い行動だと思っている。

でも、人間が不都合に思えても犬の立場から見ればその行動は、本能に基いたごく自然な行動で・・・

たとえば、人間が犬の頭を撫でようとし手を差し出す・・・犬がその瞬間、差し出された人間の手に歯を当てたとする。

人間側から見れば、この行動が問題行動となる。

犬がその行動を起こす理由としては、単純なのか複雑なのかわからないけれど、犬の数だけ理由があることは確かだと思う。



スペシャリストの的確なアドバイスによって、人間側からの一方通行の見方で悩み苦しんでいても、犬側からの見方ができその行動の意味を理解できれば、「問題」と思っていた行動も当たり前だったり犬として正当な行動と納得できるだろう。

ただし、ここで人間が納得したからと言って犬の行動がおさまるわけではない。その後は人間がどう判断して行動を起こすかにかかっている。

犬は自分の行動を咎められたからと言って反省し、その行動を悔い改める訳ではないから・・・


最近、こういったセミナーが犬のエキスパートやトレーナーさんだけでなく、一般の愛犬家のためにも門戸を開放されてきていて大変ありがたい。

でも、参加費用もそれなり・・・(苦)

益々、セミナー貧乏まっしぐら!!!(自爆)
[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-21 19:04 | 犬の話
訓練競技会に出るよ宣言した翌日、

ブログのアクセス数が4倍近くに増えた。

検索する時に色々とカラクリがあるそうで、たまたま増えただけなんだと思う。


訓練競技会に出る事を目標にしたわけだけれど、出るだけならJKCの会員になって参加費用を支払えばいい。

ただ出るだけじゃつまらないからね・・・自分なりにテーマを持って、と言う感じだ。

声符による指示が使えないのでハンドサインを使うわけだけれど、それがどれだけ認められているのか?または全く認められていないのか?

認められていないと言うなら、どれ位の幅をもって減点させるのか?

その辺りもシッカリ、経験者の方や関係者の方に確認しなければならない。

多分そうらしいよ・・・じゃなくて、確かな情報を得て対策をたてないと。


今日は、猫の前でもしっかり指示に従えるようにするためのトレーニング(笑)

競技会の会場に、100%猫がいない保証はないから(爆)

立止してることはしてるけど、両手両足の筋肉が不自然にプルプルしていて・・・私が1ミリでも動こうならコマンドと判断してフェンス越しに寝ている猫に飛び掛りそうだ。

これだけの作業で白髪が10本位増えたな・・・(苦)
f0054783_2332385.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-20 23:39 | Road To Kyougi-Kai

エディの記憶

友人宅にエディという名前のダルメシアンがいた。

アニキ分の同居犬で、まったく性格は違うけど仲良しのサンドロというビーグルを一緒に連れ、その友人と毎週末集まってはその頃仲間うちでブームだったシーカヤックに乗ってよく遊んだ。

友人がカヤックに乗って陸を離れると、ヨットハーバーの船着場に置いて行ったエディが落ち着かなくなり、陸続きになってる最先端の湾の出口まで悲しそうな声で吠えながら友人が漕ぐカヤックが見えなくなるまで見送った。

そして、友人が沖から戻り湾の入り口に姿を見せると一目散に走って行き、船着場の先端から落ちそうになりながら狂喜乱舞して友人の帰りを待っていた。

そんな様子を戻った友人に話すと、嬉しそうに笑った。

「サンドロは家族みんなの犬だけれど、エディは私ひとりの犬だから・・・」友人はそう言っていた。

エディは4歳で命を全うした。
 
急性腎不全・・・

心無い住民が、野良猫を駆除するために毒入りの食べ物を近隣に撒いたそうで、発病した当日、友人宅の敷地内に心当たりのないパンのかけらがいくつか落ちているのを発見、エディがそれを食べてしまったのではないかということだったが、それは想像の域を出ない。

動物病院に数日間入院し治療を続けたのだけれど、もうこれ以上は・・・と判断した友人が自宅に連れ帰り最後を看取った。


友人が沖へ沖へとゆっくり漕ぎ出してゆく。

エディは必死に叫びながら、ススキの穂を鼻先でかき分け水際を走り、水平線に浮ぶ友人のカヤックが小さな小さな点になるまでじっと瞬きもしないで見つめていた。

エディが亡くなって半年後、我家にパティがやって来た。

f0054783_22424233.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-19 22:46 | 犬の話

出る。

JKCの訓練競技会に

マーシーと一緒に出ようと決めた。

目標は、来年春。


マーシーは、ダルメシアンの純粋犬であるけれど(多分(笑))JKCの血統書がない。

そのため、マーシーと私が参加できるクラスは特別犬の部で、試験科目は10科目、内容はCD2(家庭犬訓練試験中等科)に準ずる、となっている。

ハンディキャップのあるマーシーに、

できないだとか無理だとか、無謀だとか無茶だとか・・・ゴタクや言い訳や負け惜しみは、参加した後につらつらと言うことにして、


f0054783_17534684.jpg
とにかく、

やってみる。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-18 17:55 | Road To Kyougi-Kai

企画する

ネットショップのオープニングイベントを考えています。

ダルメシアンのモデル犬を15~20頭募集し、ANGRY DALMATIANのキャラ化してそれをTシャツにしようかな~んて・・・

詳しい内容はまたあらためてこちらで発表します。
f0054783_21455373.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-17 21:46 | 犬の話

夏の終わりに生まれた男

犬好きの祖母が生前、犬選びの話になるとよく

「夏生まれの犬は飼うべからず」と言っていた。

寿命が短いから、というのがその理由なのだそうだが・・・今考えてみると根拠が不明。

きっと、夏に生まれると抵抗力がないうちに蚊に刺されフィラリア症にかかってしまい、それが理由で寿命が短くなるから・・・なんて理由ではないだろうか?

祖母が生きていた時代は、フィラリア症に対する知識もあやふやだったろうし、予防法やかかってしまった時の治療法も一般に浸透してなかったのだろうから、蚊に刺されることが直接死につながるというような考え方だったのかもしれない。



夏の終わり・・・本日、9月16日生まれのボギー、9歳。

ますますオジサンっぽくなり、最近では食べ物を喉に詰まらせウゲ~~~~っとむせる回数も多く、空を見上げては「はぁ~~~~~~っ」と溜息をつく回数も増えた(笑)

少しづつ涼しくなり、これからはボギーの季節!

キャンプ場の予約も入れたし、イベントは盛りだくさん!

この秋は忙くなりそうだ、老け込んでなんかいられないのだぞ!
f0054783_17354963.jpg

f0054783_17361138.jpg

f0054783_17363055.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-16 17:38 | 犬の話

鼻の奥の秘密。

3週間前からパティの鼻の穴の奥の粘膜が腫れ、膿のような物が出てきていたので通院し投薬と点鼻薬で治療していた。

本日、無事完治。

最初に通院した際、血が混じった膿が出たりクシャミが頻繁に出るようになったら要注意で、

その場合、深刻な病気である可能性が高く・・・とにかく変化があればすぐに来院し治療を受けるよう言われた。

幸い、そのような深刻な病気ではなく一安心。

藪の中に顔を入れてたまたま草や木の枝、花の種などを吸い込んでしまった時にも同じような症状を起こす場合があるのだそうだ。

そういえば・・・食事中に宅急便が届き、食べながら玄関に向って吠えた拍子にフードが気管に入って詰まってしまったらしく、むせて鼻と喉をフガフガーっ!!と長いこと音を立てて気にしていたことがあった。

獣医師に聞いてみると、犬は気管に物詰まっても人間のように微調整して(呼吸を止めて出すとか)対応できないらしく、フガフガと乱暴に呼吸したせいで粘膜が痛み、そこからバイキンが入った可能性もないとは言えないかも・・・とのこと。

もし、犬が気管にフードなどが詰まって苦しそうだったら、鼻の穴から思いっきり息を吹き込んであげると楽になる場合がある、とのことだったが・・・犬のマズルを掴んで口をふさいで、思いっきり息を鼻の中に吹き込んでやれるほど勇気のある飼い主はそうそういないだろう。

本日の診察料は¥315。
f0054783_21153668.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-15 21:22 | 犬の話
横須賀海軍カレー本舗に行ってきた。

さすが、カレー本舗の名の通り建物の外装も内装もカレー色の真っ黄色(笑)

これはカレーソフトクリーム・・・

「マズイ?」と聞かれれば否定はするが、「オイシイ?」と聞かれれば答えに困る味・・・

f0054783_2017796.jpg


これは、カレーラムネ・・・インド人もビックリ!とか書いてあるが、私もビックリ!

味は、カレーを作った鍋を洗った水に炭酸を入れて飲んだ感じ・・・激辛の方は、頭皮から汗が出るほどスパイシーで、買う時に店員さんから「飲む時口の中が痛いので気をつけて下さいネ!」と言われた。
f0054783_2031193.jpg


最後に、レトルトのカレー2種類と横須賀海軍カレーキャラメル・・・

レトルトのカレーは、昔のカレーってこういう味だったのか~と言う感じで、今の家庭で作るカレーに比べたらかなりもの足りない味付けだけれど、当時の味を再現しているのだからそれも仕方なしとうなずける。

キャラメルは、これを疲れた時にだれかにあげたら激怒されるだろうな~という感じ(笑)でも笑いは充分に取れると思う。
f0054783_20315898.jpg


ま、いずれにしても自称カレー好きを自負される方がいたら、これらを食べずしてカレー好きとは言えないと思う。

興味のある方はお取り寄せも可能なので是非ご賞味あれ!
[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-14 20:36 | ヨコスカヨイヨイ!

確認される

ネットで、ある資料を取り寄せようと名前や住所など必要事項を書き込み申し込んだ。

夕方、その申し込み先から電話連絡があり、

「住居の番地の記載がないので教えて下さい」

とのこと・・・

申し込みの際、必要事項を完全に書き込まないと送信できないことになってるのにね・・・

一応、書き込んだ内容が本当かどうかの確認なのだろう・・・



昨日、たまたま会う予定のない人と会った。

その時は、その人の言ったひとことが気になったのだけれど、大人気ないと思い反論しなかった。

でも、今日になって急に思い出し無性に腹が立ってきていたたまれなくなってしまった。

思い出し笑いはしょっちゅうあれど、思い出し怒りは初めてかもしれない。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-09-13 22:53 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P