お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

留守番上手

バリウム&下剤を飲んだので下腹部が絶不調・・・

タダメシ喰らいズと散歩に行っても、自分のコトが心配であまり長時間散歩ができなかった。

こんな時に限って、マーシーは元気いっぱい。

疲労困憊で横になりたい私の傍らに来て、おもちゃを投げろだの引っ張れだの、色んな催促をしてくるのでちっとも身体が休まらない(苦)

これも、昨日今日とケージにいた時間が長かったので仕方なし。


私がシッターのバイトや用事で外出する際、マーシーはケージの中で留守番する。

マーシーは我家にやって来てから、ケージの中で一度も排泄してしまった事がない。

中に入れてある毛布やクッション類も齧って壊した事もない。

シッターのバイトで出かけているときは、5~6時間ケージの中にいる事になる。

ケージに入る前に小一時間散歩して排泄を済ませるのだけれど、帰宅後すぐに外にだし庭で排泄すると、それなりにガマンしているのがわかる。

ガマンしている姿を見ると、ケージを汚さないでいてくれた事への思いとガマンしてる辛さを感じるので、外出しても早めに帰る事を心がけるし、外出前はなるべくたっぷりと時間をとって散歩することにしている。

ケージに入る時に一緒にトリーツを詰めたKONGやGUZZYを入れる。

トリーツの入れ方を工夫すると、なかなか取り出すことができなくて2時間くらい必死に格闘してる時があるから、詰め方にはかなりセンスが問われるが、これは時間稼ぎにもなるし頭を使うから留守番の退屈しのぎにはかなり有効だと思う。

外出する際、
私なりにルールを決めて必ず約束を守る事を心がけているが、マーシーが留守番上手なので本当に助かっている。

f0054783_20115857.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-29 20:14 | 犬の話

こんな所に宝物

町内の廃品回収の日、

”その他の金物”のコーナーに、買ったばかり若しくはほとんど使っていない6面サークルとその接続部品が出されていた。

私と同じタイミングで廃品を出しに行った小型犬と暮らしてらっしゃるご近所の方が、

「これ、使ってなかったのかしらね~?私、もらっちゃっていいかしら?」

と、私に聞きながらモノを確認するために縛ってたテープを緩め始めた。


「ど、どうなんでしょう?・・・でも、いらないから出されたんでしょうからイイんじゃないでしょうか?」

私が言い終わるか言い終わらないかのうちに、何気に私の後ろからやって来たおじいさんが、

「ダメだダメだ!これは廃品業者に売って町内のお金にするんだから、勝手に持って行っちゃダメに決まってるだろ!」

と声を荒げた。

そう言えば、前に廃品回収の為に集められた古新聞を、指定業者じゃないのに勝手に回収してまわり私腹を肥やした業者が窃盗の罪で逮捕されたと話題になったのを思い出した。

でも、お金に変えようってワケじゃないから、その話とはちょっと違う。

リサイクルするのだから・・・でも、個人的に持ち帰っちゃダメなのだろうか・・・
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-28 22:26 | 日常よもやま話

反応してしまう

入院している知人をお見舞いに行こうと、

バイクのシートカバーを外してトリップメーターに目をやると・・・
f0054783_20221193.jpg


101になっていた。

だから?と言われれば身も蓋もないのだけれど、ダル飼いが即座に反応してしまう数字だ。

昨日、R134を逗子の方向から来て逗葉新道に向って走る白いミニバンのナンバーが101だった。

ダル飼いさんだったのかな・・・
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-27 20:23 | 日常よもやま話

有名人の長男

餃子の皮が売り切れていた。

他のスーパーに行っても同様、売り切れていて手に入らない。

みんな餃子が食べたくなったのだろう、作りたくなったのだろう。

歯科医院で読んだ男性ファッション誌にも餃子のレシピが載っているくらいだから、

皮が売り切れるのも無理はない。

餃子が美味しいと評判のラーメン屋サン前の建て看板に

当店の餃子の材料には一切中国製品は使っておりません。

と貼り紙があった。

小さく「ニラは埼玉の山田さん、シイタケは栃木の田中さん・・・」みたいな感じで、

作った農家の方のお名前をこれからはメニューに記載するとのことだ・・・

食べる方はそこまで知りたいのかな~?


餃子の皮を買えず意気消沈しながら郵便局によると、ポストマンという映画のPVを放送していた。

郵便局員が主人公の映画らしいが、主演は長嶋一茂さんだ。

こんな体格のいい郵便局員がいたら、プロスポーツ界が黙っちゃいないだろうな~なんてひとりでニヤニヤしながら考えていると、

窓口に番号を呼ばれて立ち上がったおじいさんが、局中に聞こえるでっかい声で

「これ、長嶋のせがれだろ?お~?野球はさっぱりでバカ息子だと思ったけど、最近じゃ手広くやってやがんな~、この野郎よぉ~?」

と誰に話しかけているのやらわからないが、しっかり的を得た発言をしていた。

この人は、本当は野球なんかやりたくなかったんじゃないだろうか・・・

無責任にふと、そんな事を思った。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-26 22:12 | 日常よもやま話
我家の前の道路は通学路で、

登下校の時間帯は、小中学生たちがゾロゾロわいわいと賑やかに通って行く。

小学生が背負っているランドセルの色が、緑、黄色、オレンジ、ピンク・・・華やかできれいだ。

私達が小学生だった頃は、赤と黒の2色のみ・・・男子が黒で女子が赤と暗黙の了解で決まっていた。


私は、近所のとても成績優秀だった幼なじみのお姉ちゃんのお下がりのランドセルをもらって使っていた。

とにかく成績優秀なお姉ちゃんだったので、母が幼なじみの家から「あやかりたい」ともらってきたのだ。

所々傷んでいたので母が補強を入れてくれ、背中の部分はタータンチェックの布を当てて直してくれた。

父が骨董品好きだったせいでないとは思うが、私は兄や近所の年上の子たちの洋服や机、百科事典や自転車、その他諸々のお下がりをもらって使っていたが、何の抵抗もなかった。

お下がりをもらって使うことが日常だったから、新しいものを買って欲しいと強請った記憶もあまりない・・・たったひとつだけ強請った記憶があるのは、ローラースルー55だけだと思う(笑)


母がリペアしてくれたランドセルを背負って下校途中、近所のガキ大将に後ろからランドセルの蓋の部分に油性マジックでデカデカと×を書かれた。

ガキ大将と口論になったが、埒が開かないので、展示が終わって持ち帰ろうと片手に大事に持っていた図画工作の授業で作った紙粘土の湯飲みでガキ大将の頭を思い切り殴った。

ガキ大将のまゆ毛の上がほんの少し割れ、血が出た。

私が帰宅するより先に、悪事千里を走り・・・目撃した同級生から一部始終を聞かされた母が帰宅する私を門の前で待ち構え、理由も聞かずに手首を掴みそのガキ大将の家に謝りに連れて行かれた。

未だに腑に落ちないのだが、ホントに私が悪かったのか?

母は「お兄ちゃんは大人しくていい子なのに、どうしてアンタは!!!」と口癖のように言っていた・・・

ランドセルの思い出。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-25 22:45 | 日常よもやま話

回復を祈る

今日も昨日同様風が強い。

知り合いの方から蕎麦会席にご招待いただき、気温5℃の寒風吹きすさぶ中バイクで出かけた。

バイクでしばらく走ると、信号待ちの際に急に頭のつむじの周辺が今まで味わった事がないくらい痒くなり、どうにもこうにもガマンできなくなった。

でも、時間が少々遅れ気味で急がねばならない。

しかも私はメガネをかけているので、フルフェイスのヘルメットを脱いだり被ったりにとても時間がかかる。

イライラが最高潮に達した時・・・

反対車線でバイクとトラックの事故直後の現場に遭遇・・・

身も心も引き締めて運転せねばなるまい、と思っていたらいつの間にか痒さも忘れていた。


頂いた蕎麦会席料理は、とても美味しく上品な味わいだった。

「あともうひとくち食べたい!」というところが適量なのだろう。

蕎麦がきや蕎麦田楽につける塩(岩塩?)がとても美味しく、最近塩に興味を持ち始めたので帰りにお店の方に聞こうと思ったのだが、友人の「このあとスタバに行かない?」の一言に気をとられ聞くのを忘れてしまった。


帰りに、病気療養中の知人宅にお邪魔し犬話で盛り上がった。

病気が完治した際には、3頭目の大型犬を家族に迎えるとのこと・・・これは否が応でも病気回復のモチベーションが高まるだろう。


帰宅の際、自宅近くの山の頂上のコーナーに差し掛かるところで夕陽を背中に背負った富士山が見えた。

今日みたいに風が強い日には、本当にきれいに大きく富士山が見える。

でも、極度に方向音痴の私にはどうしてこの位置からこちらの方向(私には南側に感じる)に富士山が見えるのか判らない。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-24 21:23 | 日常よもやま話

もののなまえ

学生の頃、習ったのだろうか?

習ったのに、私がその時聞いてなかったのだろうか?

度々、常々、日々・・・とか、同じ漢字を繰り返して使う時の「々」って、

正式名称を何というのだろう???

紗々という名のチョコレートを見て思ったのだ。

これ、紗々と書いてSASHAと発音することが箱に記載されてるが、

SASASHASHAじゃないの?

ま、美味しいからなんでもいいんだけどね・・・
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-23 23:14 | 日常よもやま話

頂き物

「頂き物なんですが宜しかったら・・・」と、

醤油を箱で頂いた。

友人と3本づつ分けてもらった。

ひと目で高級品とわかる。減量表に有機の文字が沢山ある。

こんな高級品を箱で贈ってもらえる人間になりたい、

そして「頂き物ですが・・・」とおすそ分けできる人間になりたい(爆)

醤油の良し悪しで料理は変わるからな~

なんて、料理人ぶってみるが・・・こんな味覚音痴が作ってもそれなりな味になるのだから良質の醤油は偉大だ。

今日の晩御飯は豚丼・・・のつもりが、大判のシラタキだったのを忘れて全部入れてしまったので、ほぼシラタキ丼になってしまった。

いつもCOOPで買ってる醤油をこってり使った。

早く高級醤油が使いたい。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-22 20:57 | 日常よもやま話

愛着、執着

車検が切れ、

今日11年間使った車を手放した。

10年以上乗るつもり買ったのだけれど、

当時は身の丈に合わない買い物だと思ったことも多々あれど、今こうやって手放す時期に来て考えてみるとそれなりに良い買い物だったと思う。

引き取りに来るセールスマンが来る前に簡単に掃除をした。

ホントにホントに・・・タダメシ喰らいズの毛だらけだ(苦)

私にしてみれば、犬の毛まみれは日常だから気にしようがないが、犬と暮らした事がない人にはこの状態はどう映るのだろう?

犬の毛以外は、クルマ自体のコンディションは10年以上乗ったクルマにしては良好な方だと思う。

タイヤさえ交換すれば、街乗りだけならあと5年位は充分乗れそうだ。

しかし、犬を乗せ遠出をするとなると不安がある。

これから先、マーシーと一緒にアジリティをやると決めたので、見学や遠征に出かけることが増えるだろうから、やはり買い替えの必要があった。

全てのタイミングが合ったのだ。

愛着が執着に変わる前に・・・ここが決断すべきときなのだろうな。

メインキーとスペアキーをセールスマンに渡し、車庫から出て行くクルマをコーナーを曲がって見えなくなるまで見送った。

鼻の奥がちーんと痛くなる。

あ!!!・・・JACK JHONSONのCDが積みっぱなしだった(大汗)!!!
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-21 18:38 | 日常よもやま話

立場もいろいろ

昨日早朝、

房総半島沖で船舶同士の衝突事故があり、行方不明になってしまった乗員の方の捜索で周辺の港の空気が慌しくなっている。

上空も朝からヘリコプターが飛んでいて、

深夜、日付が変わる頃にタダメシ喰らいズの散歩に出た時も、東京湾上空を旋回していた。


海上自衛官の知人もいるし、漁業を営んでいる知人もいる。

たまに会えば、お互いの仕事の話も聞く。


横浜横須賀道路を横須賀ICで降り、本町山中道路を通ると左側にアメリカ海軍横須賀基地に停泊している船舶が燈す無数のオレンジ色の灯かりが海面に光って見える。

クリスマスシーズンや、基地のイベントが近づくと様々なデコレーションされとてもきれいだ。

きれいだけれど、きれいに飾っているけれど、これらは原子力を積んだ戦うための道具だ。

言い方を変えれば、我々を守るための道具と言えるのかも知れないけれど・・・


お気に入りの釣りのポイントで、調査船に出くわした事があった。

基地から垂れ流しにされる汚染物質と、海水の汚染の因果関係について、魚を獲り生体調査をしているのだそうだ。

この事は頻繁に新聞記事でもとり上げられている。

背骨が曲がったメバルがいる、身体がひとつなのに頭がふたつあるワラサがいる、目が片方ないハゼがいる。

竿を下ろして糸を垂らし巻き上げると、海面に沈んだ分の糸は得体の知れない汚れが付着し、糸も巻き上げたリールもその得体の知れない液体のおかげでドロドロになる。

もう、東京湾で釣りはできないなと思った。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-20 10:21 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P