お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

得手、不得手

パエリアは作れませんが、ペンキ塗りは得意なのよ(きっぱり)。

食卓に使っているテーブルの色を塗り替えてみた。

f0054783_17165656.jpg


足と天板をバラし、サンドペーパーで表面を削って塗装して、また削って塗装して・・・

アンティークっぽい風合いにしたいので、もうちょっと削ってまた薄く塗装して・・・

寒くなる前になんとか塗り終えないとね~
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-31 17:18 | 日常よもやま話

あたらしい友達と・・・

友人のペットシッターの仕事を手伝わせてもらって早2ヶ月が過ぎた。

鍵を預かり、留守宅にお邪魔するわけだから前もって伺い、まずは飼い主さんにご挨拶・・・その後お世話する犬と面会、性格やクセ、生活習慣、病気の有無など説明を受ける。

年に1~2度のお客さんもいれば、土日を除く毎日朝晩のお客さんもいる。早朝「急用なので・・・」と連絡がある場合もあるし、旅行など長期にわたっての場合は前もって連絡が入る。

不思議なもので、一度面通ししておくと実際にお世話しに行く時は絶対に吠えられない。

特におやつを使って馴染んだりしてるわけでもないのだけれど、その辺ちゃんと犬は分かってくれているのだと思う。

友達になったばかりの犬に案内してもらいながら、知らない町をうろうろ・・・バイクで走る時は、華やかなメインストリートを駆け抜けるだけだったけど、犬に連れられ細い路地をゆっくりゆっくり歩けば、ここは歴史のある旧い町だったのだとあらためて気づく。

「あら!〇〇さんちのポンちゃんじゃない?」「今日は違う人とお散歩なのね!」なんて色んな方が声をかけてくれ撫ぜてもらい犬も「オレはこんなに顔が広いんだぜ~」と私に向って誇らしげだ。

今日は6頭の犬達と、それぞれの町を歩いた。時間にして3時間強・・・

1日が終わって、”3時間歩いた”と考えると、下半身にどっと疲れを感じる。

でも、玄関の鍵を開けるとすぐそこに、私が来るのを心待ちにしてくれている犬がいるから、1分1秒でも早くたどり着きたいし、寂しい気持ちを少しでも忘れられる時間を作ってあげたいと思う。

一通りのスケジュールをこなして帰宅すれば、我家のコンビに身体中の匂いをかぎまくられる猛攻撃を受ける。

こういう時の犬の心理はどうなのだろう・・・じっくり聞いてみたいものだ。

家の中に入ってみれば、出て行った時そのままの状態で部屋が静まり返っている。

陽もとっぷりと暮れ空気もひんやりしてきた時間帯、いつもの公園を通って、いつもの散歩コースをゆっくりゆっくり見慣れた2頭の犬の後頭部を眺めながら歩く。

今晩もぐっすり眠れそうである。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-27 11:10 | 犬の話

憂鬱・・・

我家とお隣のフェンス際境界線上にツバキがある。

そのツバキに、毎年9月から今頃の季節まで茶毒蛾の幼虫(ケムシ)が大発生する。

お隣の敷地にありお隣の持ち物だから、我家には関係ないと思いきや・・・どういうわけか、ケムシが発生するのは我家に面した枝葉ばかりで、お隣の方向からは見えない。

ケムシがついてる枝葉は完全に我家の敷地に入っているから、何千何万といるケムシの糞が敷地に落ち、一面カビが生えて真っ白になる。

犬達が走り回るコースだから、なんともこれを掃除するのが憂鬱だ・・・

塵取りとほうきを持って近づくと「バリバリバリバリバリ・・・」と小さな音がする。わらわらと葉に付いているケムシたちが葉を貪る音だ。

ケムシだけでなく、赤く大きな花もどういうわけか我家の方向に面した枝にだけ咲く。

咲いている時は和むけど、当然時期が終われば我家の敷地に大量に落ちる。花の掃除は見物料として仕方ないと思えるが、なんともケムシはね・・・(溜)

色々と訳あって、この状況は改善されそうにない・・・枝葉を切る強攻策もない事はないが・・・木には精霊が宿っているので、むやみやたらに勝手に切ってはいけない。

花もケムシも我家の敷地に面した方向を好む・・・居心地が良いのだろう、そう納得することにしよう。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-24 09:54 | 日常よもやま話
先日販売しましたTシャツの収益金の一部を、動物保護団体のHAPPY STEPさんの活動に役立てていただけるよう私が代表して寄付させて頂きました。

金額は¥20000です。

賛同してくださったたくさんの皆様、どうもありがとうございました!
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-23 18:08 | 日常よもやま話
Tシャツ、出来上がりました!

この時期にTシャツかよ!って感じだけど(爆)

f0054783_1110423.jpg


コレを着てシッターの仕事をしてると「ナンじゃコレ?」「いいじゃん!」「どこで買ったの?」と声をかけられます・・・

「なんでダルメシアンが怒ってるの?」って聞かれても・・・(汗)

「核実験にです!」とか「飼育放棄するバカ野郎にです!」とか「自分自身のふがいなさにです!」とか・・・色々話は広がります。

よろしかったら1枚どうぞ!!
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-13 11:13 | 日常よもやま話
今日、横浜の海の公園に行って来た。

何度も行っているけど、今日行って初めてこんなものを見つけた。

f0054783_19512261.jpg


コンクリートに石を入れて固めてあるだけのものだけど、一瞬見ただけではなんだか分からない。健康歩道と言うらしい。

私の21.5cmの靴はご愛嬌(爆)

年配のご夫婦がこの上を歩いていて、ご主人の方が「あたたたたぁ~っ!」と奇声をあげながらチャキチャキと歩き、奥さんの方は乗ったはいいが1歩も歩けず固まっていた(爆)

私も乗ってみた。

1歩も歩けず固まった(大汗)

足の裏のツボを刺激されるのはいいが、踵の骨に当たると動けないほど痛い。

なんとかへそ下に力を入れ踵に無駄な力が入らないように一回りしたあと、靴を履いて普通に歩いたら・・・ほど良く刺激された影響か、足取りが軽く気持ちが良い。

我家の中庭にデッドスペースがあり、ここの利用方法で頭を痛めていたので丁度良い・・・これを真似て足ツボマッサージコーナーを作ろうと思う。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-07 19:53 | 日常よもやま話

みんな同じじゃん♪

はじめに・・・Tシャツの件ですが、折角購入希望表明いただいてるのに、お知らせが遅くなってしまい申し訳ありません(謝)

手売りで販売した際、予想外にウケていただき(笑)みなさん購入してくださったので、予約などもあり在庫薄になってしまいました。

只今、増版し納品待ちの状態ですので、表明いただいている皆様もうしばらくお待ちいただければと思います。


話は変わって・・・

昨日、パティのケア用品をネットショップで購入・・・質問があったので、電話で注文した。

そのショップのオーナーさんは、只今2頭のダルメシアンと暮らしている。

当然ダル談義で盛り上がり、40分近く話し込んでしまった・・・で、聞きたかった質問ってナンだったっけ?(爆)

そのオーナーさんのお宅には、今年15歳になるお母さんダルとその息子が同居している。お母さんダルは去年、子宮の病気が見つかり大きな手術を受けたが、ダメージはかなり大きかったものの今は体力は回復、15歳を向かえるなりに元気に明るく暮らしてるとのこと。

そのお母さんダルは1度だけ出産を経験しているのだそう・・・

オーナーさん曰く、出産を終え体調が回復しもう出産をさせないと決めた時点で、避妊手術をさせるべきだったと・・・

シニアになって体調を管理し気を使わなければならない時期に、大病をさせかなり大きなダメージを受けさせてしまった事に後悔している様子・・・


私は、ダルメシアンと暮らした経験はパティとしかないから、♂のダルメシアンがどういう性格や個性があるのか実際の所は知らない。

そのオーナーさんからのアドバイスによると・・・♀のダルがいるうちに、♂のダルを迎えるとおもしろいのだそうだ。

そのおもしろさの中身は?体験してからのお楽しみ♪・・・ハマってみたいような、みたくないような・・・

ダルメシアンを家族に迎えて、自分自身が変わった事について・・・共通した意見は、夜遊びしなくなった事(爆)
[PR]
by r100rbeemer | 2006-10-06 10:52 | 犬の話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P