お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常よもやま話( 444 )

2006年1月28日にスタートしましたこちらのブログですが、本日をもちまして更新を終了することになりました。

丁度10年間という期間でしたが、ブログを通してたくさんのみなさまと交流できたこと、大変うれしく思っています。

ブログの更新は終了しますが、私自身のライフスタイルが特に変わるということはなく、今まで通り何かしらの(笑)制作活動は続けて参りますので、もし偶然通りかかった街の片隅や小さな紙面の端っこに「あ、これどこかで見たことがあるぞ!?もしかすると・・・」みたいな感じで私の作品がお目にかかることがあり、みなさまの記憶の片隅に少しでも残していただけているのならそれ以上の幸せはありません。

こちらのブログの主役でした”タダメシ喰らいズ”の近況ですが、

パティは、去年の6月に突然、神経系の病気を患い治療をしました。

13歳という高齢でしたし、今まで聞いたり見たりしたことのない症状でしたので発症当時は私自身かなり動揺しましたが、多少後遺症は残ったもののなんとか回復し、今年の4月に無事に14歳の誕生日を迎えることができました。

散歩中は、上り坂は少し辛そうに歩きますが、下り坂(帰路)は「家についたら即ゴハン!」のモチベーションで元気に走って帰ります。流石ダル!これぞダル!です・・・あっぱれ!(笑)

マーシーは、今月5月で10歳(保護犬なので誕生日、年齢は推定です)を迎えますが、相変わらず元気いっぱいです。

10歳ということで、身体にはシミっぽいゴマ状のスポットが増え口のまわりにあったスポットは白髪のせいで形を変えてしまいましたが、全身ムキムキの筋肉は健在で私の目の高さくらいの壁はいとも簡単によじ登ります。

家族以外の人、犬に対しての反応は・・・こちらも相変わらずキツいものがありますが(汗)、持ち前の明るくて素直な性格、そして学習能力が高さは目を見張るものがあります。

最年長だったボギーは、昨年11月に16歳で天寿を全うしました。

亡くなってから、もうそろそろ半年が過ぎようとしていますが、部屋の片隅を掃除している時や散歩の時に来ていたジャケットの襟や袖の部分にボギーの毛がついているのを見つけることがあり・・・そんな時はまだ急に感情的になってしまい、年甲斐もなく鼻の奥の方がキューンと痛くなることがあります、情けない話ですが(苦)

ボギーが亡くなってから、パティとマーシーがいてくれるおかげでペットロスみたいな症状は皆無ですが、元気だったころの写真はいまだに見れずにいます。
(実を申しますと、こちらのブログを閉じる理由の一部は、更新やメンテナンスをしている最中に、こちらに掲載されている元気だったころのボギーの写真が目に入ってくるから・・・だったりします(笑))

最後に、私とKT氏ですが・・・流石に「寄る年波には勝てず」みたいな感じで、身体のあちらこちらに不協和音を感じることもありますが、”五十にして天命を知る”を目前に控え心と身体を整えている段階、といった感じです。

・・・ところで、私の天命ってなんだ?(爆)

新たな人生の目的が見つかったところで、お別れの御挨拶とさせていただきます。


10年間、こちらのブログを通じて親しくお付き合いくださった皆様へ心から感謝申し上げます。

ありがとうございました!お元気で!


DON'T WORRY ,GO EASY.

B&P craft.








☆☆☆
[PR]
by r100rbeemer | 2016-05-07 05:11 | 日常よもやま話

旧ユーゴスラビア。

先日、近所の県立公園の遊歩道をマーシーと散歩中に初老の男性に話しかけられました。

「この犬の原産国はどこ???」

この犬は何ていう犬種?とはよく聞かれるのですが、原産国を聞かれるのは初めて。

「クロアチアです。」と答えると、

「お~、旧ユーゴスラビアですね、あそこは紛争・・・大量虐殺・・・難民・・・略奪・・・etc.」

とても夕方の穏やかなひとときに、なんとなく出会った初対面同志の立ち話とは思えないディープな内容になってしまいました(笑)

別れ際に男性は、優しく愛おしい眼差しでマーシーを見つめ「お前も大変だったね。」と言いながら手を振って歩いて行かれました。

あ、マーシーは紛争の戦火をくぐり抜けて生きのびて我が家にたどり着いたワケじゃないから(笑)。

クロアチアと言えば、サッカー代表チームのユニフォームのカラーリングが大好きで、クロアチアの試合はついつい見てしまいます。

パッと見、配色が同じなので大阪のくいだおれ太郎の衣装っぽいんです(笑)
(私はよく似ていると言われます、眉毛が?(苦))



今日は、昨年暮れに友人がパン屋さんを開店したので、そちらの道案内の看板2枚の制作に掛かり切りでした。

ちょっと珍しいグリーンがイメージカラーで(私にとっては)とても調合が難しく・・・何度やってもうまく行かなくて、また泣きそうになりました(笑)。
[PR]
by r100rbeemer | 2016-02-05 14:15 | 日常よもやま話

初海。

f0054783_1741497.jpg

今日から仕事始めの方が多いせいか、近所の海岸にやっと静けさが戻ってきました。

今年は、趣向を変えてタイドグラフと月の満ち欠けが描いてあるカレンダーを選んだので、海岸に行ったり夜の散歩の際に月を見るのが俄然楽しみになりました。

海岸に着くなり、干上がった魚を探そうとするマーシー・・・私に叱られたので、何度リクエストをしてもカメラ目線をくれませんでした(苦)

この視線の先もネコです(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2016-01-04 17:41 | 日常よもやま話

2016。

今年もよろしくお願いいたします。
f0054783_17463278.jpg

カッ!と見開いた鋭い視線のその先には・・・・ネコ!(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2016-01-01 17:46 | 日常よもやま話
今年は、兎にも角にも動物病院に通いに通った一年でした。

昨日も行ったし(笑)

パティは、おかげさまで下痢もおさまり復調したようで安心して新年を迎えられそうです。


動物病院といえば、6月にパティが頸椎を痛めた際に、症状の原因を詳しく調べるためかかりつけの病院から東京農工大学の動物医療センターを紹介していただいたのですが、その際に待合室で私たちの右隣で診察を待っていたとても身体の大きなパピーが印象に残っています。

その犬は、生後7か月の超大型犬同士のMIXで、一目見ただけで両親の特徴が色濃く感じられる個性的な風貌でした。

飼い主さんのお話では、生後間もなく後足の股関節と膝に先天的な疾患があるのがわかり、ブリーダーが放棄したところをご縁があって譲り受けたとのことでしたが、歩いている姿を見て素人目にも重大な疾患があるのがわかるほど身体のバランスが良くない状態で、その犬の表情からとても辛そうに見えました。

このまま何もしなければ痛みのあるまま生後1年経たないうちに歩くことができなくなる・・・そういう状態だそうで、飼い主さんはその犬のQOLのために何か活路を見いだせないだろうかと色々と模索している様子でした。

そんなに遠くない未来に、本当に大変な決断を下さなければならないとのことでしたので、私も胸が詰まってそれ以上お話を聞くことができなくなってしまったのですが、でも、この飼い主さんならこの犬のために最善の決断をしてくれるだろうと思いました。

あの犬は元気にしてるかな・・・どこかで会えたら、絶対「あの時の犬だ!!」ってひとめでわかると思うんですよね~・・・。

あの犬は元気にしてるかな~・・・。



一昨日、KT氏が玄関のドアに正月飾りをつけてくれました。

今年は、色々とイレギュラーな出来事がたくさんあり大変な一年だったので、いつものオーソドックス(赤いエビとかがついてる)なものではなく、趣向を凝らしてゴールドのヒラヒラしたものと長沼産のお米がたわわに実った稲穂が飾りについているゴージャスな感じのものを選んでみました。

夕方、今年最後のマーシーの散歩を終え一息ついていると、KT氏ががっかりした顔で呆然と玄関に立っていました。

燦然と輝く稲穂が実る我が家のゴージャスなお正月飾りですが、その稲穂の先にたわわに実っていたはずのお米が、スズメに食べられたらしくすべてなくなり稲穂の枯草だけがビミョーに残っていて、まだ年が明けていないのに、なんとも無残なショボいお正月飾りになってしまいました。

まぁ、スズメが喜んでくれたのならそれでイイやね(笑)


そんなこんなで、いろんなことがあった我が家の2015年は無事に暮れようとしています。

来年もこちらのブログを通じてたくさんのみなさんとご縁がつながるとうれしいです。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by r100rbeemer | 2015-12-31 22:04 | 日常よもやま話

うっかり。

f0054783_0191474.jpg


庭で遊んでいたマーシーの首輪と右肩に泥が沢山ついていたので、背後から覆いかぶさるように手を伸ばして泥を勢いよく掃ったら、マーシーが跳びあがってびっくりしたので私もびっくり!

マーシーがあまりにも自然に上手に私たちと意思疎通ができるので、うっかり音が聞こえないってことを忘れちゃう時があります(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2015-12-29 23:19 | 日常よもやま話

夢と希望を背負って。

12月24日の夕方、ご飯を食べてしばらくしてからパティが急に体調を崩したのですが、しばらく様子をみていたら、徐々に回復し一晩で元気を取り戻したので大事に至らず一安心です。

動物病院も年末年始は休診のところが多いので、もしもの時に診察してくれる近隣の病院はリストアップしているのですが、ネットで調べたところ「年末年始の急患にも対応します」的な準備がある病院が意外に多かったことにほっとしました。


散歩中にすれ違うご近所さんの犬たちが、この時期はこぞってトリミングに行くらしく、みんな妙にこざっぱりしています(笑)。

私は、今まで数頭の犬たちと暮らしてきましたが、みんな短毛種ばかりだったこともあり「犬は飼い主が洗うもの」みたいな古風な習慣のおかげで一度も自分の家の犬をトリミングに出したりシャンプーをお願いした経験もないのですが、他所のお宅のトリミングしたての犬を見たり触ったりすると、確かにプロのトリマーさんの仕事は素人とは違うな~と唸ってしまいます。

触った感じのフワフワ感とか、被毛の輝きが全然違いますよね、悔しいけど(笑)

今朝お会いしたご近所さんが「いつものトリマーさんの予約が取れなくてキャンセル待ちしてるんだけど、今年中は無理かもね~」なんて言っていたので「ご自分で洗ってみたら?(柴犬だし!)」と言ったところ「お宅は自分で洗ってるの!ええっ!?そんな大きいのに!?えええええええっ!?!?」と異星人を見るような目で見られました(笑)

いまどき、自宅で犬をシャンプーする人ってそんなに少数派なのか~!?



f0054783_16481683.jpg

今日は「自分のものは自分で持ちましょうDAY」なので、マーシーはリュックを背負って散歩に行きました。

途中、会って話しかけてきてくれた小さな女の子に「この中に何が入ってるんですか?」と聞かれたので「夢と希望です。」と答えておきました(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2015-12-28 16:48 | 日常よもやま話

楽しみがひとつ増えた。

ひょんなことから、横須賀に星乃珈琲がオープンしているのを知り、早速行ってみました。

お昼ご飯時よりほんの少し早めに着いたので混み具合もそこそこでしたが、オーダーしたものがやってきたころにはほぼ満席な感じになっていました。

前に一度、どちらかの店舗に入った記憶があるのですが。どんな感じのコーヒーだったのか記憶がなく・・・今回も、一緒にオーダーしたエビピラフがドンピシャで私好みの味だったのでそちらにえらく感動してしまい、またコーヒーの印象が残っていません(笑)


f0054783_1825213.jpg

マーシーのおでこに小さいスポットが増えました。

理由は、散歩中に道路に駐車していた軽トラックの下に猫がいて、気がついた瞬間に飛びかかり、軽トラックの下に取り付けてあったスペアタイヤにおでこをぶつけたからです。

ボン!と鈍い音がするくらいの勢いだったのでタイヤの黒い痕がつき、ちょっとだけコブになってます(苦)

丁度、私がリードを持ち替えたタイミングだったので瞬時にマーシーをコントロールできず、リードが軽トラックのナンバープレートに引っかかってしまい、ほんの少しだけ曲がってしまったので謝りたいと思いオーナーさんらしき職人さんを探したのですが見つからず・・・明日、見つけて事情を説明して謝らないとね。

その出来事のおかげで、私の右肩周辺が軽くムチ打ちっぽくなってます(痛)。



10周年記念の企画内容は、次回こちらのブログでお知らせします。
[PR]
by r100rbeemer | 2015-11-29 18:02 | 日常よもやま話

書籍の行く末。

今日は廃品回収の日だったので、いそいそとダンボールやら牛乳パックやらをコンパクトにまとめ集積場へ運びました。

集積場は、普段の回収日の倍くらいの量の品々がうず高く積んでありました。

そうか、もう年末だから大掃除を始めているお宅があるのだな~、ウチもそろそろ・・・と思いながらも、私の重い腰がこの余裕のある時期に上がるはずもなく(笑)

(余談ですが、忘れもしない2年前のこの時期・・・家から2ブロック離れた場所にある集積場に、こともあろうかヴィンテージもののアラジンの石油ストーブが惜しげもなくドンと置いてあったのを発見!
慌てて駆け寄ってみると、2~3の部品が壊れていて見た感じはかなりヤレ感はあるものの、修理すれば十分に使える逸品でした。
「これ、捨ててある物だからもらっちゃっていいのかな?」と思たのですが、廃品回収に出している物なので、勝手に持っていったら犯罪になるんだと思い直し、とりあえず近所の方に片っ端から聞いて、持ち主だった人に交渉して譲ってもらおうと心に決め、連れていたマーシーを一旦家に連れ帰り出直してストーブがあった集積場に急いで走って戻ると・・・すでに回収のトラックがストーブを積んで走り去った後だった・・・という悲しい悲しい出来事がありました(悲・笑))


数年前から、思うところあって心身ともに身軽になりたいと思い(ストーブのことを上記しておいてこんなこと書くのもナンですが(笑))、少しづつだけれどいろいろな物品から執着を解き処分してきたのですが・・・最終的に残っているのが、押し入れに貯蔵された書籍たち。早く手を打たないと床が抜けちゃうかも。

近所の買取店に持ち込もうと、小分けにして紙袋に入れてまとめてあるのですが、ふとネットで某有名店の買取金額を調べてみたら・・・おお!思いのほか数冊の本にプレミアがついていた!!!(喜)

査定してもらうための申し込みや梱包がちょっと手間ですが、集配をやってくれるみたいなのでこちらにお願いしようかな。



室内の空気を入れ替えようと思い廊下の窓を開けおいたら、私のメガネの端っこに何やらちらちら映る右から左に移動する物体を発見。

振り返ってみるとそこには何もない・・・。

しばらくすると、今度は左から右に転がっていくのが映り、振り返るとまたまたそこには何もない。

席を立って、廊下に出て周りを見渡してもそこにも何もなく・・・一番端にある部屋の開けっ放しになっている扉の後ろの隙間をのぞいてみたら、ふわふわの茶色い毛のかたまりがころころ動いていました。

ボギー、まだいたんだね(笑)

ボギーが亡くなって四十九日に当たる日は12月27日なのですが、

「年末の超忙しい時期だから、多分忘れちゃってるだろうね~」・・・KT氏談(笑)

んん~・・・確かに。

日々、なんでこんなに忙しい忙しいと言いながら暮らしているのでしょうかね、悩ましいところです。
[PR]
by r100rbeemer | 2015-11-25 11:41 | 日常よもやま話

近況報告です。

パティの体調の件で、電話やメール、ポストカードにてたくさんの励ましやお見舞いのお言葉をいただきましてありがとうございます。

おかげさまで順調に回復していまして、今では朝、昼、晩の散歩も少しづつですが距離が伸びています。

外観上の後遺症はほんの少し残りましたが、しばらくの間発作が収まっていることから、お世話になっております獣医師の診察により8月いっぱいで投薬が終わり”当分の間様子見”な状況になっています。

f0054783_97592.jpg

これは、パティが東京農工大学農学部動物医療センターで診察を受けた際に、学生さんが作ってくれた首を固定させるためのコルセットです。

硬い板状の素材に熱を加えてアーチ型に形成し、端を丸めて首が擦れても傷ができないように加工してくれました。少し厚めのガーゼを下に敷いて、パンチングの穴に包帯を通して首に固定します。

多少バリとかあって荒削りな作りですが(笑)、短時間で工夫しながら作ってくれたのだと思うと学生さんたちの愛情が伝わってきます。このコルセットで首を固定できたおかげで回復が早まったと私は信じています。
[PR]
by r100rbeemer | 2015-09-15 09:07 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P