お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

終わりは始まり

2月26日、日付が変わって間もなく腎不全で闘病していたチャルが逝きました。

診断され、爆発しそうな気持ちを抑えきれずにこちらのブログに自分の気持ちを整理するために闘病について書きましたが、メールや掲示板の方にもたくさんの方から励ましのお言葉をいただき、勇気付けていただいたので、がぜん看護と介護にやる気満々になっていた矢先でした。

私たちが借りたアパートにて新しい生活をスタートしたその年の秋に、チャルと出会いました。

だから、我が家の歴史はチャルの歴史でもあったわけで、そういった意味でもチャルの存在はとても大きなものであり、思い出を語る上でも欠かすことのできない大きな役割を果たしています。

昨日、チャルの旅立ちを家族みんなで見送ったあと、家の中の片付けをしました。

普段、”自分達が生活しやすいから存在している”と当たり前に思っていた物や習慣が、実は全てチャルが快適に過ごせるように・・・との発想からきている事に気がつき、KTと一緒に大笑いをしました。

この家に住もうと決め引っ越してきた時にはチャルももちろん一緒だった訳ですから、家を選ぶ時の基準はチャルのライフスタイルも充分考慮して・・・だったのです。

私を指導してくださった犬の訓練士のH先生に頂き、私がいつも胸に留めている言葉があります。

命とは、時であり空である。

今日になって、その言葉の一端がほんの少し理解できたような気がします。


私たち家族は、本日より普段と変わらない生活にもどっています。KTは、いつもと同じジャムを塗りパンを食べ、いつもの時刻に家を出て会社に向いました。

私は、プラスティックなどの不燃ゴミを収集所に運び犬達との散歩を楽しみました。

犬達も元気いっぱい、泥んこになって庭を駆け回っています。

ただ、同じ空間に白黒の大きな猫がいない事だけが普段と違っていたことです。

悲しくても辛くても、嬉しくても悔しくても・・・時間はいつでも変わらない同じペースで、時に残酷に時に優しく大らかにゆっくりゆっくりと流れてゆきます。


応援し、励ましてくれたみなさんどうもありがとう!

チャルに代わってここにお礼申し上げます。

f0054783_10454595.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2006-02-28 10:54 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P