お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

すべてキミのため

チャルが退院して3日が過ぎた。

退院後も1週間位は毎日通院し点滴をしてもらう。体調が安定したら、自宅療養になって必要な時だけ自宅にて点滴をする・・・という感じになるそうだ。

早く通院しなくても済むように、体調が安定してくれればイイナ~と思いつつ・・・

自宅療養になって、自宅で点滴って言ったって、誰が点滴のセットするのさ?誰が針を刺すのさ?

私かいな???・・・(イヤ~な汗)

ってことで、本日獣医師よりレクチャーを受け、実際に点滴をセットして終わるまでの一連の作業を体験してみた。

「18㎜と22㎜の径の針がありますがどちらを使いますか?普通は22の方でやります、早く済みますので・・・」

迷わず18㎜の方を選択。普段はそんなコンマ何ミリのことなんか知っちゃいない私だけど、針の18㎜と22㎜じゃ大違い!!22㎜はかなり痛そうだよ~!

向こうの皮も貫通しちゃったりしませんか?筋肉に刺さっても大丈夫?空気が入っちゃっても死なない?などなど質問してみたが獣医師からのアドバイスは、

三味線の皮を突き抜くような感じで、プスっと・・・

ナンじゃそりゃ?三味線なんか見たことないし、今までもそしてこれからも三味線の皮を突き抜く予定なんかないぞ・・・

ま、なんとかイメージを膨らませ三味線の皮をえいやっ!と突き抜いてみた・・・チャルは特に表情も変えることなくジッとしていたので筋肉に刺さったとか血管を突き破ったとかはなさそうだ。

これから先、何度この作業をすることになるだろう・・・複雑な心境ではあるが、こういう経験も無駄にしたくない。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-02-25 21:02 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P