お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

いらっしゃいマ~シ~♪特別編【初遠征での収穫】

昨日のドッグランでの出来事、

アジリティコースの隣の大型犬用のドッグランで、セントバーナード4頭が先客として遊んでいた。

飼い主さん(女性)とフェンス越しにお話させていただいた所、オス2頭、メス2頭でそのうち生後3ヶ月のパピーが1頭・・・

パピーと言っても、すでにボギーと同じ位の大きさなのだが、動きがなんともバタバタしていて可愛らしい。

貸切状態のアジリティコースに入り、我家のトリオを落ち着かせリードを離した。

真っ先に、隣のドッグランにいたセントバーナードチームに意識が行き、突進しようとした・・・

セントバーナードチームも同様と見え、フェンスの向こうで待ち構えている。

最初に我に返ったのはパティ、リードを離して4、5歩近づき野太い声で吠えられたのをきっかけにフェンスから10m離れた所でUターンで、私は全く関係ござりません的態度・・・今後、一切フェンスには近づかなかった。

猛然と突進したのはボギー、だが野太い吠え声に圧倒されフェンスまであと2mの所で急停止、一瞬我に返り考え俺もちょっとダッシュしてみただけ~、えへへ♪(汗)的にUターン・・・こちらもその後、一切フェンスには近づかず・・・

問題はマーシー・・・

リードを離した途端、一目散にダッシュしフェンス際に突進、フェンスを挟んで超大型犬4頭を相手に引き下がることなく挑発し、応戦した。

フェンスの目が細かいのでお互いに怪我をする事はないのだが、この行動には大きな問題があると感じた。

4頭の大型犬相手に、明らかに攻撃を仕掛けた。

社会性があり経験が豊富な犬であれば、4頭の自分より遙かに大きい大型犬が自分に向ってきた場合どう言った行動をとるだろうか?

ボギーとパティも、私が井の中の蛙的な育て方をしているから、完全に社会化できた優良な犬だとは思わないし、私が至らなくてトラブルを起こしてしまった経験もある。

しかし今回、経験の中からだろうか自分は太刀打ちできないと咄嗟に判断し衝突を避けた。

本能としても、わざわざ自分が死に直面するかも知れない大怪我を負う様な無謀な冒険をせず、トラブルを回避する能力を持っていると思うから・・・どうやっても勝ち目がない相手に自分から飛び込んで向っていったマーシーの行動は、判断力のなさ、経験不足、その他諸々の大きな問題があると思わざるを得なかった。

中には「コイツは無鉄砲で怖いもの知らずで、強い相手にも負けを承知で向って行っちゃうんだよね~」なんて自慢げに話す飼い主さんもいるのかと思うが、

私は、マーシーと競技会に出たいと思っているので、例え怖いもの知らずで強い相手と承知で立ち向かう勇敢な犬だとしても、そんなことは全く自慢にならないしありがたくないのだ。

今回は思うところあって、沢山の知らない犬がいる中、色んな動物の匂いがする刺激的な初めての場所でマーシーがどう言った行動を取るのか自分の目で確かめる事が目的だった。

なので、今現在のありのままのマーシーを見る必要があったので、コースに入りすぐにリードを離してみた。

本来なら、起こるべき行動が想定できているのに、無茶にリードを離して攻撃的態度を誘発するような行動は避けるべきだし、失敗の経験はさせるべきではないと思っている。

マーシーにとって、トレーニングスクールのアシスタント犬のアラン君と、友人宅のタロウ君(どちらもL・レトリーバー)だけが家族以外で唯一何事もなく接することができる犬友達なのだが、どちらもとてもシッカリ社会性があり紳士的な犬なので、マーシーに対して必要以上に働きかけないでくれるので、トラブルにはならないのだ。

今回唯一の救いは、フェンス際で吠えまくって挑発するマーシーにハンドサインでやってはいけない事を指示すると、即座に反応し一時的にではあるがフェンスを離れその行為をやめたことだ。

それと、時間が経つにつれ、決死の形相で猛攻撃ではなく、表情も目つきも変わり吠えながらも遊びに誘う?ニュアンスも含んでいるような仕草を見せたことだ。

短時間の中でも、経験の中から変化があったのだ。

こちらが遊びに誘うと、隣のセントバーナードチームを意識することなく遊びに乗ってくるので、相手を攻撃することに執着はないようで、これも収穫だ。

クルマも新しくなったし、これからはできるだけ時間を作ってマーシーを未知の世界に連れ出し社会化させなければいけない。

色んな意味で良くも悪くも、マーシーは沢山の可能性を秘めている事をあらためて知る事ができた。
f0054783_1054242.jpg

[PR]
by r100rbeemer | 2008-03-12 10:58 | いらっしゃいマ~シ~♪

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P