お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

立場もいろいろ

昨日早朝、

房総半島沖で船舶同士の衝突事故があり、行方不明になってしまった乗員の方の捜索で周辺の港の空気が慌しくなっている。

上空も朝からヘリコプターが飛んでいて、

深夜、日付が変わる頃にタダメシ喰らいズの散歩に出た時も、東京湾上空を旋回していた。


海上自衛官の知人もいるし、漁業を営んでいる知人もいる。

たまに会えば、お互いの仕事の話も聞く。


横浜横須賀道路を横須賀ICで降り、本町山中道路を通ると左側にアメリカ海軍横須賀基地に停泊している船舶が燈す無数のオレンジ色の灯かりが海面に光って見える。

クリスマスシーズンや、基地のイベントが近づくと様々なデコレーションされとてもきれいだ。

きれいだけれど、きれいに飾っているけれど、これらは原子力を積んだ戦うための道具だ。

言い方を変えれば、我々を守るための道具と言えるのかも知れないけれど・・・


お気に入りの釣りのポイントで、調査船に出くわした事があった。

基地から垂れ流しにされる汚染物質と、海水の汚染の因果関係について、魚を獲り生体調査をしているのだそうだ。

この事は頻繁に新聞記事でもとり上げられている。

背骨が曲がったメバルがいる、身体がひとつなのに頭がふたつあるワラサがいる、目が片方ないハゼがいる。

竿を下ろして糸を垂らし巻き上げると、海面に沈んだ分の糸は得体の知れない汚れが付着し、糸も巻き上げたリールもその得体の知れない液体のおかげでドロドロになる。

もう、東京湾で釣りはできないなと思った。
[PR]
by r100rbeemer | 2008-02-20 10:21 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P