お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

エンスーもどきの血がさわぐ

4ヶ月前に買った吸引力が変わらないただひとつの掃除機のダイソンが壊れた。

「けっ!8万円も出したのに4ヶ月で修理かよ!」と、とても技術畑の人間とは思えない悪態ぶりでご立腹のKTであるが、形あるものは壊れるのだから仕方なし。

何せ、飼い主を踏み越えないただひとつの犬種(しつこい(爆)ダルメシアンの抜け毛には閉口する。掃除機がないと本当に困る。

サービスセンターにメール&電話したら、明日最寄の宅急便屋さんが取りに来るので渡して欲しい云々・・・と丁寧な対応があった。

掃除機がないからといって掃除しない訳にいかない。で、近所のホームセンターに行きホウキを買って来た。

ホウキを使ったのは何年ぶりだろう?あ、釣具屋でバイトしてた時には毎回使っていたからそんなに昔の話ではないか。

使ってみると、案外ホウキの方が部屋の隅々やちょっとした段差など掃除しやすい。

定期購読しているアウトドア雑誌の通販コーナーに、日本古来からの手法で職人さんが手作りしたホウキが売っていて、その格調高い雰囲気が印象深かった。

確か1本¥15000くらいしたと思ったが、使いやすそうだったし1本づつ丹念に作られた製品には味わいを感じるだろうと思い、買ってみようか?と思った。

でも、ホウキを使うと思いの他塵が舞い、おうし座女で喉に弱点がある私はすぐに洗面所に向かいうがいがしたくなる。

この格調高いホウキを買ったら、高性能のマスクも揃えなければなるまい。その前に、ホウキに似合ったチリトリも揃えなければ手落ちだろう。

ダイソンは、明日修理に出して2日後には修理を終えて戻ってくるとの事。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-11-10 19:49 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P