お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

ありがとう、またいつかどこかで。

2006年1月28日にスタートしましたこちらのブログですが、本日をもちまして更新を終了することになりました。

丁度10年間という期間でしたが、ブログを通してたくさんのみなさまと交流できたこと、大変うれしく思っています。

ブログの更新は終了しますが、私自身のライフスタイルが特に変わるということはなく、今まで通り何かしらの(笑)制作活動は続けて参りますので、もし偶然通りかかった街の片隅や小さな紙面の端っこに「あ、これどこかで見たことがあるぞ!?もしかすると・・・」みたいな感じで私の作品がお目にかかることがあり、みなさまの記憶の片隅に少しでも残していただけているのならそれ以上の幸せはありません。

こちらのブログの主役でした”タダメシ喰らいズ”の近況ですが、

パティは、去年の6月に突然、神経系の病気を患い治療をしました。

13歳という高齢でしたし、今まで聞いたり見たりしたことのない症状でしたので発症当時は私自身かなり動揺しましたが、多少後遺症は残ったもののなんとか回復し、今年の4月に無事に14歳の誕生日を迎えることができました。

散歩中は、上り坂は少し辛そうに歩きますが、下り坂(帰路)は「家についたら即ゴハン!」のモチベーションで元気に走って帰ります。流石ダル!これぞダル!です・・・あっぱれ!(笑)

マーシーは、今月5月で10歳(保護犬なので誕生日、年齢は推定です)を迎えますが、相変わらず元気いっぱいです。

10歳ということで、身体にはシミっぽいゴマ状のスポットが増え口のまわりにあったスポットは白髪のせいで形を変えてしまいましたが、全身ムキムキの筋肉は健在で私の目の高さくらいの壁はいとも簡単によじ登ります。

家族以外の人、犬に対しての反応は・・・こちらも相変わらずキツいものがありますが(汗)、持ち前の明るくて素直な性格、そして学習能力が高さは目を見張るものがあります。

最年長だったボギーは、昨年11月に16歳で天寿を全うしました。

亡くなってから、もうそろそろ半年が過ぎようとしていますが、部屋の片隅を掃除している時や散歩の時に来ていたジャケットの襟や袖の部分にボギーの毛がついているのを見つけることがあり・・・そんな時はまだ急に感情的になってしまい、年甲斐もなく鼻の奥の方がキューンと痛くなることがあります、情けない話ですが(苦)

ボギーが亡くなってから、パティとマーシーがいてくれるおかげでペットロスみたいな症状は皆無ですが、元気だったころの写真はいまだに見れずにいます。
(実を申しますと、こちらのブログを閉じる理由の一部は、更新やメンテナンスをしている最中に、こちらに掲載されている元気だったころのボギーの写真が目に入ってくるから・・・だったりします(笑))

最後に、私とKT氏ですが・・・流石に「寄る年波には勝てず」みたいな感じで、身体のあちらこちらに不協和音を感じることもありますが、”五十にして天命を知る”を目前に控え心と身体を整えている段階、といった感じです。

・・・ところで、私の天命ってなんだ?(爆)

新たな人生の目的が見つかったところで、お別れの御挨拶とさせていただきます。


10年間、こちらのブログを通じて親しくお付き合いくださった皆様へ心から感謝申し上げます。

ありがとうございました!お元気で!


DON'T WORRY ,GO EASY.

B&P craft.








☆☆☆
[PR]
by r100rbeemer | 2016-05-07 05:11 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P