お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

みんな緊張しながら生きている

朝、

学生達の登校時間が終わった頃、ボギーの散歩に出掛けた。

もう既にアスファルトが熱い。日影を選べば、空気はひんやりしてその空間だけは快適。

歩道を歩いていると、前方にゲートボール場に向う老人達の4~5人のグループがあった。

追い抜こうかどうしようか・・・迷っていると、後方から自転車のベルをせわしなく鳴らしながら走ってくるおばちゃんの自転車が迫って来た。

おばちゃんはどこにいても傍若無人だ。

仕方なく、左端にボギーを寄せ「待て」と指示、
追い抜いていく瞬間の自転車の急ブレーキの音に驚いた顔したボギーを落ち着かせるために、もう一度強めの声で「待て」と指示・・・

前を歩いていた数人の老人グループの話し声が不自然に途絶え、足がピタッと止まった。

恐る恐る振り返り、私の顔をそ~っと覗き込むグループのリーダーらしき男性。

あ、あっ・・・違うんです、「待て」と言ったのはこの犬にで・・・轢かれそうになったからで・・・えっと・・・あ~・・・

「なんだ~、そうだよね~・・・今の若い人に逆らうと何されっか分からないからさ~、おじさんたちはビクビクだよもう~」

老人グループの方たちは、げらげら笑い飛ばしてたけど・・・内心、かなり緊張した模様。

私は、見ず知らずの人生の大先輩の皆さんに向って不躾な口をきくような高慢チキな人間じゃないし、それにもう若い人じゃないっすよ~・・・若作りだけど(汗)

そもそも、そんな威すような声で、「待て」って言ってないよ~~~~~(泣)

どうして!?なんで?!・・・って考え込んじゃうような理不尽な出来事が多いからかな・・・みんなの心もささくれ立っているのかもな~
[PR]
by r100rbeemer | 2006-06-01 10:39 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P