お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

フツーのサボテン

なんの変哲もないガラスの器。

14歳で亡くなったチャルがゴハンを食べる時に使ってた器だ。

行者だった祖母がよく「亡くなった者の遺品を必要以上に残しておくべきじゃない・・・迷わせてしまうから」と言っていたのを思い出す。

この何の変哲もない器に、私が好きなサボテンを植えた。

買って来た当初は、大きな葉が2枚あっただけのこれまた何の変哲もない、きわめて地味なサボテンだった。

店員さんに「気温が上がり出した5月頃に、違う鉢に植え替えてくださいね」と言われたけど2月の終わり、買って帰ってその日のうちに植え替えた。

毎日毎日話しかけてるせいか、トゲが柔らかく少ないような気がする。
f0054783_1485226.jpg


いつの間にか小さい葉がちょこちょこ出てきて、見方によっては犬か猫がお腹を見せて寝転んでいるような仕草に見える・・・考えすぎかな?(苦)

花が咲くのが楽しみだ。

何色の花が咲くのか、どんな形の花が咲くのか・・・図鑑で調べたから知ってるけど、それでもその時が待ちきれない。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-05-23 14:12 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P