お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

ホッとする

ひとつ年を重ねた。

やったぜ、万歳!小躍りしたい気分だ。

三十路に足を踏み入れた年の5月、同じ月生まれの友人数人で夜な夜な食事に出掛けた。

帰り際に、ひとりの友人がしつこく誘うのでゲームセンターに入りハングオンなるゲームを数回楽しんだ。

その横にある何やら怪しげな機械が気なって覗くと、それは占いのゲームらしく自分の姓名、生年月日、家族構成、仕事などなど数件の情報を入力すると、今後どういう運命をたどるか・・・などの情報をゲットできると言うものだった。

私は、他人の意見には耳も貸さないし、アドバイスを求めたりしない。ましてや他人が自分をどう評価しようがそんなの聞いちゃいない、ある意味ズバ抜けて無神経な人間だ。

でも、どうでもいいようなちっぽけな事でも、少しでも心に引っかかりがあればトコトン気にする。

そんな性格なので、占いからは極力遠ざかるようにしているが・・・友人が記念に、と言い出し、嫌がる私の分も情報を入力・・・

友人達は、この時期に出産すると良い、とかギャンブルにツキありとか、親類縁者から朗報あり・・・なんて、ハッピーでラッキーな内容ばかり。

私はというと・・・

・・・事故に巻き込まれ、この年齢に命を落とす・・・

ほらね、やっぱり・・・いつもオチはこうだ・・・

それからと言うもの、この友人達と集まるたびに「先が見えてるんだから楽しみなよ!」とか「やれることやっときな!」なんて冗談交じりに冷やかされるが、聞けば聞くほど針の筵に土下座させられてる気分になる。

そして先日「この年齢」が何事もなく過ぎて行った。無難にやり過ごすことができた。

なんか、ビクビクドキドキオドオドしただけ本当に損した気分だ。

考え方によっては、これからの人生はオマケなのかもしれない・・・リスタートしたつもりで、思いのままに大暴れしようと思う。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-05-10 10:39 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P