お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

Tシャツのこと・・・その2。

ラバーインクを使って、ディスクを必死にキャッチしようとするボーダー・コリーを表現しようと思って描いてみました。
f0054783_18523596.jpg

ボーダー・コリーって本当に動きに無駄がないですね、常に「無理がなく且つ身体に負担がかからない動きで、最短距離であの位置まで到達するのに最善な行動とはなにか?」とか考えていそうな思慮深い目をしています。

私も常にそうありたい(笑)

おっちょこちょいなボーダー・コリーを見たことがない!・・・前に、ボランティア活動の際ご一緒した方に、その方の知的な所作や全く無駄がなく完璧な仕事ぶりに敬服し、最大の敬意を表して「〇〇さんって、まるでボーダー・コリーみたいですね!」と言ってみたところ爆笑してくれました。

その方、以前ジャーマン・シェパードと暮らしていたとのこと・・・わりとイイ勘してるじゃん、私(笑)

私が描くとき、いつも心がけているのは”単純な線の中に思いを込める”ことで、こまごまとした線をいっぱいつけてしまうと、(カッコつけて言うと)絵が饒舌になりすぎる(照)ような気がします。私はこう見えてもおしゃべりなので(自爆)描く絵くらいは寡黙な感じがいいかと憧れます。


このディスクの角度と口を開けた感じだと、しっかりディスクをキャッチしていると想像します。体制はちょっとアクロバティックだけど、ボーダー・コリーですからね、難なく無理なく着地してくれていることでしょう。
[PR]
by r100rbeemer | 2013-03-07 18:53 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P