お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

その優しさがアダになる。

普段あまり行かない隣の町内の公園に遠征・・・

小学生がワケのワカラン日本語を羅列しながら奇声をあげている。パティが驚いて、耳を山折り谷折りしながら私の顔を覗き込む。

私もこんなんだったかな~?もっと思慮深く奥ゆかしい子だったような気がするが・・・ま、遠い過去のことさ・・・

例によって例のごとく「101匹わんちゃ~ん!」と叫びながら4~5人の男女がやってきた。

「さわってもよろしいでしょうか?」なんて妙にこまっしゃくれたお子ちゃまもいれば、無言でむんずとおもむろにシッポを引っ張る礼儀知らずもいる。お子ちゃまだから仕方なし・・・ソフトに「犬の触り方」を伝授しておいた。

ひとりの男の子が「ヒモ持たせてくれませんか?」と言ってきたので、ここは一発心の広い大人を演じつつ「いいよ、その代わり驚かせたり走っちゃだ・・・」あ、あ、あ~

うりゃー!人の話は最後まで聞きやがれっ!!

最期まで注意を聞かない坊主頭のハナタレ小僧が一気呵成に走り出し、お遊びモードに入ったパティが応戦・・・

パティとハナタレ坊主をつなぐリードの間に入っていた3人のお子ちゃまたちは、いとも簡単になぎ倒され、ひとりは生乾きの置き去りウンPの上にダイビング!!

将棋倒しになったお子ちゃまたちは次から次へと泣き出した!!

しっ、しっ・・・知らないもん!お子ちゃまがリードを持たせてくれと言ったから持たせたのだ・・・私に責任はない・・・ない・・・ないはずはないよね・・・

お子ちゃまの絶叫にビビットに反応したご近所のお母さん達が、どこからともなくのそのそと集まり、木の陰から私の動向をそ~っとのぞいていた。
[PR]
by r100rbeemer | 2006-04-19 18:42 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P