お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

逃げ惑う犬。

マーシーが、私が道具箱からディスクを取り出し「やろう!」と誘うと、目を逸らして逃げまわるようになりました。

最初はワケが分からず、顔面に当たった記憶が何かの拍子に蘇えり怖くなったのかとしばらく様子をみていたのですが・・・どうやら違うらしい。

逃げる事で、やりたくない事を回避できると学ばせてはいけないので、とにかく呼び寄せてディスクを咥えて歩くことを指示すると、少々怯えながらも指示をこなします。

放せ、と指示し従った事を褒めようと手をわき腹の横に伸ばしたその瞬間、身をよじらせて逃げて行きました。

なんと、私の手に触れることでバチっとくる静電気が痛くてそれで逃げていたようです(笑)

私は帯電しやすいようで、車を降りる際、触る場所や順序を間違えた時や洋服を着る時などバチバチと青い火花を散らすので自分でも痛くて苦痛です。

犬達と遊ぶ時は、必ずアクリルの伸縮する手袋をしているのでモロに静電気が起きるのでしょうね。

音の聞こえないマーシーは特に敏感になるようで、私が何か細工をしているように思っているようです。

このままだと、良い行動をして褒めようとするたびに痛い思いをさせてしまうので、なんとか対策をとらなければなりませんね~・・・

静電気防止スプレーを使うのも、犬を触った時に影響があるかもしれないので嫌だし・・・電気技術者が作業をする時に使う静電気防止ブレスレットなるものがあるようですが、只今調べています。

アクリル系の洋服を着ないようにするとか、とりあえず簡単なことから試してみようかな。

KT氏が、身体にチェーンを巻き付けアースしたら?って言うのですが・・・それを踏んで転ぶ自分を簡単に想像できるので却下しました(笑)

何方か、同じような経験をされて「こんなことで解決したよ~」みたいな、お手軽にできて経験上から成功したアドバイスを頂けましたら幸いです。

このままだとホントにマーシーがグレるんじゃないかと心配です(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2011-01-12 23:09 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P