お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

FIELD OF DREAMS.

最近、

夜も遅くまで遊んでいることが多くなったし、なんとなく目つきも怪しくなってきたし、口ごたえするようになったし、着る服の趣味も変わったマーシー。
f0054783_1021237.jpg

このままでは非行への一途を辿るのも時間の問題と思い、あり余る体力をスポーツをすることに向けさせようと思い立ちました。

朝もや立ち込めるタダメシガーデン改め”タダメシフィールド”にアジリティコースを作ってみました。
f0054783_1024115.jpg

このコースは初心者向けコースで、カメラの立っている位置からスタート、ベンチのドッグウォーク→テーブル→パイロン→ドッグウォーク→ハードル→Uターンしてトンネル(テーブルを横にくぐる)→トンネル(テーブルを縦にくぐる)→ハードル飛んでゴール!になっています。

このコースのポイントは、ハンドラーがコースの真ん中に立ちほぼ移動ナシでもハンドリングできることで、これなら膝痛、腰痛持ちのハンドラーでも楽チンです(笑)

必然的にタイトなコースになりますが、近所迷惑に配慮しささやくような声で指示しなければならないため、それなりにハンドラーの精神状態が試されるコースです(笑)

最上級者クラスになると、指示はすべてテレパシーで行わなければならず、声符、手符による指示は減点の対象になるというローカルルールがあります(笑)

いつか、このフィールドで”タダメシカップ”を開催するのがフィールドオーナーの夢です(爆)



☆このブログを読んで下さっている読者の皆さまへ☆

こちらのブログに、マーシーがテーブルに乗って仁王立ちしている写真が頻繁に掲載されていていますが、このテーブルはフィールド内ではアジリティの「テーブル(この上で”伏せ”の状態で3秒待ちます)」として使われているので、犬が飛び乗る事を許可しています。
この件につきまして、沢山の方から問い合わせや抗議のメールを頂いておりますが、このような理由で使用していますのでご了承下さい(笑)

尚、ご訪問頂いたお客様には、別のテーブルとイスをお出しして対応させて頂いておりますので、そちらの方もご心配ないようよろしくお願いいたします(笑)
[PR]
by r100rbeemer | 2010-12-17 10:02 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P