お気楽絵描きの犬とバイクとアウトドア

bpcraft.exblog.jp
ブログトップ

サラサラの脳ミソで脳を想う。

只今をもちまして、クリアランスセールを終了させていただきますね。

沢山のご注文をいただきまして、どうもありがとうございました!




先々週の日曜日、近隣で犬つながりでお付き合いいただいている方たちが主催する災害救助犬と聴導犬、介助犬のデモがあり見学に行ってきました。

「災害救助犬」と聞くと反射的に目頭が熱くなってくる習性を持っているので脳ミソの半分で別の事を考えながら、もう半分でデモを感情移入しないで見ていました。


こちらはシェパードのエロス号、ギリシャ語で「愛の神」の意味だそうです。
f0054783_9472092.jpg


ハンドラーさんが紹介で「自分はエロオヤジですが、エロス号は日本人が言う「エロス」とは関係ありません」と爆笑を誘っていました。つけているベストの赤い縁取りのクロスが最高に似合っててカッコイイです(憧)


こちらはR・リトリーバーのキュー号、神奈川県警嘱託災害救助犬だそうで、芸能人有志のスポンサーがついているとのこと。
f0054783_9473894.jpg


こちらは、聴導犬&介助犬のコンビ・・・シーズーとダックス×ビーグル×ラブの雑種犬、個性的な風貌でとても優秀な犬たちでした。
f0054783_9512998.jpg


デモをやってらっしゃった関係者の方にお話を伺ったのですが、聴導犬と介助犬のトレーニング方法やトレーナー育成の教育機関について興味深い内容でした。

「私は聴導人です」と自己紹介するとウケました(笑)

過去に「介助犬に適しているのでは?」と紹介された犬のトレーニングを進めていくうちにおかしな事に気がつき、よくよく調べたらその犬に聴覚障害があったことがわかったということもあったそうです。

同時に、災害救助犬の訓練に適さないキャリアチェンジ犬の里親探しも行っていましたが、候補者に名乗り出ている方もいたようでした。


昨晩、たまたま見たバラエティ番組で脳科学者の方が、児童虐待と脳の関係についてチラッと話していました。

「脳の海馬と扁桃体などの大きさを調べれば、この人は虐待をする人かどうかすぐに分かる」というような内容で、別の科学者の方がそれは犬の行動(咬みつくなどの攻撃行動)にも当てはまる、というような事を言っていました。

少し前に、アメリカの動物行動学者の方のセミナーを聞きに行った際も同じような事を言っていて、興味があったので脳関係の本を読み漁ったのですが・・・何せ専門用語ばかりなので用語を調べるだけで疲労困憊(苦)読んだはいいけど理解とは程遠いわけで・・・

科学で解明された知識を動物行動学にも応用して、声高に唱えてくれる学者やトレーナーさんが日本にもいたら、繁殖をする者の責任やパピーミルなどで動物を購入する怖さ、問題と思われる行動への理解、保護犬を譲り受ける際の心得なんかも伝わるし、人間に接する動物を取り囲む環境なんかも随分と変わるんじゃないかと思うんだけどな~。
[PR]
by r100rbeemer | 2010-10-21 09:48 | 日常よもやま話

さすらいのお気楽絵描きがつづる呑気な日常生活


by B&P